2020年08月22日

[200816]第120話 思い出のメリーゴーランド〜さようならとしまえん

この8月末で老舗遊園地としまえんが閉園が決まり、
機械遺産で知られるメリーゴーランドが今後どうなるのか話題になっています。

atraction_ride_carouseleldorado_main

上の画像は、としまえんの公式サイトより。
僕は練馬区育ちだったので、子供のころ豊島園にはよくお世話になりました。
そのメリーゴーランド “カルーセルエルドラド” にも
「ほとんど記憶ないけど、懐かしいねえ」としていたのですが、
このお盆休み、先日七回忌を過ぎた父の遺品アルバムを整理していたら、目についたこの写真。

196709


ショボいんじゃねーか、これ...
というか、「昭和42年」とあるので、そのカルーセルエルドラドが遊園地に設置されたのは1971年(昭和46年)らしいですから(後述リンク参照)、僕が乗ったのは先代のメリーゴーランドだったようです。
いずれにしろ古すぎて記憶まったくなし、感傷に浸ることもできんという(苦笑)。

実はネタづくりも兼ねて実物を撮影しようと、何十年ぶりかで遊園地へ行く予定でしたが、やめることにしました。当時とノスタルジーの接点ないのが確認できちゃったからですね(苦笑)。
練馬育ちの練馬区民としては寂しいと思いつつ、もう遊園地自体いまの自分と関わりないし、時代の変遷なのかなと受け止めております。とはいえ、跡地に予定されてるハリーポッターのテーマパークには何だか...。
それよかしばらく廃墟遊園地として放っとくのが趣きのあるアイデアだと思うんですが、個人趣味的に。

→ 枝枝新報 本館・猫なみ劇場 第120話
  (猫なみ劇場 表玄関は[こちら]です)

→ としまえん閉園について
→ カルーセルエルドラドの歴史など(公式サイトより)


edashin117 at 12:55|PermalinkComments(0) 猫なみ劇場 

2020年07月24日

[200719]大相撲七月場所初日を観戦

ふたたびコロナ警戒ムードが強まっているなか、大相撲七月場所初日を観てきました。
初日でしかも枡席Bが当選したのは本当にひさしぶり。さらにしかも今回はカミさん自粛休場で僕ひとり観戦という。
今回は観光客枠も無さげで地方客も少なかったから当選できたのでしょう。普段ですと入手するのはかなり難しい席です。

DSC_5843n

こちら最初の画像は八画理事長による協会あいさつ。



*  *  *

14時半過ぎに到着。会場入口はおなじみ親方のチケットもぎりもなく、除菌と検温チェック。

DSC_5808


DSC_5809



会場内売店はグッズ販売最小限。酒類なし。お弁当も名物の焼き鳥弁当のみ、、、でしたが、これもすでに完売、がっかり(涙笑)。飲み食いしながらも観戦の醍醐味ですが、こりゃもー止むを得ず、6時終了までベットボトルの水のみでした(涙笑)。

DSC_5815


DSC_5811


IMG_4808


DSC_5816

大型空気清浄機ですか。出入り口各所に設置されてました。


DSC_5818

まずは2階から全体を撮影。「満員御礼」の垂れ幕自体ありませんでした。

DSC_5894

今回とれた枡席Bから撮影。全枡席一人限定。

DSC_5905


DSC_5897


DSC_5907

皆さんちゃんと枡席ほぼ中央に座しており、会場客席は独特な景観に思えます。
4人桝4人は日本人でもややキツめなので、客としてはかなりゆったり。

DSC_5962

たまり席もなし。幕内審判長伊勢ヶ濱親方がぽつねんとしております。

DSC_5881

紹介順が前後しますが、ひさびさに観る白鵬の土俵入りを。

DSC_5944

ネットでは「手をついて」でおなじみの木村晃之助三役行司。両国観戦では必ず撮影してます。
僕ら夫婦と同世代の方でして、十両前の頃から気に留めてました。
着実に出世していますね。

DSC_5970

最後の弓取り式まで、声援による応援は自粛。観客おなじみ「よいっしょお〜」とかもNGで代わりに拍手だけなのが激しく違和感(苦笑)。とにかく初日ですし、独特の緊張感が漂っていました。



*  *  *

IMG_4796

観戦後は、ひさしぶりに「Chanko Dining 安美」。5月からリニューアルオープンしていたらしい。来店直前の電話予約で入れたのもこのご時世のおかげか。
大きい店舗ではありませんが、本来はけっこうな人気店。

DSC_5980

IMG_4801

醤油味の伊勢ヶ濱部屋ちゃんこ鍋(一人前 2200円+税)を注文。
画像はかなり地味ですが激旨。つみれの出汁がたまりません。
締めにオススメされた浅草開花楼の麺まで堪能しました。来てよかった。
伊勢ヶ濱といえば、やはり元安美錦関。
断髪式は10月から5月に延期しますが、楽しみにしております。


IMG_4820


ある意味、大相撲興行史上貴重な場所の初日でした。後世どのように語られるのでしょうか。

edashin117 at 00:10|PermalinkComments(0) 行事/旅/イベント関連 

2020年07月23日

[200707]ハル&マコ5歳誕生日

遅まきながらハル&マコ(たぶん)5歳の誕生日に撮影した画像を。
7月7日というのは、5年前の10月17日に保護猫シェルターで世話になったとき、生後3ヶ月過ぎという情報から我が家で勝手にこの日にしました。

DSC_5712

相変わらず良い感じの2匹揃いぶみは撮れず、お披露目できるのは上の1枚だけです(苦笑)。


DSC_5699


DSC_5729


DSC_5705


DSC_5707


DSC_5744


DSC_5742


7月7日といえば、現在住んでいるマンションへの契約が決まって本格的に引越し準備を始めた時期に当たります。そう思うと縁を感じて愛おしさが増しますね。
ちなみに、猫5歳は、人間でいうと35〜6歳とのこと。カミさん曰く「おんな盛り」。まさに。



edashin117 at 15:54|PermalinkComments(0) モリ/ハル&マコ/猫 

2020年05月26日

[200524]第119話 いつか忘却の先で〜追悼 Nヶ原さん

今回の更新は、先月8日に亡くなったネットの友人さん追悼をこめております。

画像は彼女に会うため友人(後ろの人)と訪れた関ヶ原にて。13年前の2007年のこと。
その友人も後年亡くなっており、当時を共有する者はいなくなってしまいました。
都会暮らしの自分にとって、こうした自然でのひとときは貴重な思い出になっています。


200710



その後、彼女は家族を持ち、同じ県内のある川沿いの土地に引っ越しました。
実は、亡くなる数日前に旦那さまへ「自分の好きな歌」を告げたそうです。
そのことは届いた挨拶状に記してありまして、
同封されていた歌詞カードを読んだ僕は何とも言えぬ驚きと感銘を受けました。
画像は僕が改めて文字入力したもの。
あらためてNヶ原さんのご冥福を深くお祈りいたします。



溺れる人n







→ YouTube「La noyee/Serge Gainsbourg」

参考:「忘却の川」について



→ 枝枝新報 本館・猫なみ劇場 第119話(200604タイトル更新)
  (猫なみ劇場 表玄関は[こちら]です)

edashin117 at 00:09|PermalinkComments(0) 猫なみ劇場 

2020年04月26日

[200421]七度目のモリ命日

七回目のとなるモリの命日。
新型コロナウイルスの影響で大変な日常を過ごすなか、今年もまたこの日を迎えました。

IMG_4480

帰宅後、おなじみの黒ビールでカミさんと献杯したぐらいですか。
ここ数年、もう特別イベント的はことはしてません。

モリはすっかり懐かしい思い出になってしまいました。
もちろんいつまでも忘れはしませんけれど、ハル+マコと過ごしている生活で、それは自然なことでしょう。
後日、可燃ゴミの日に生前のモリが好んでいたピンクのくつろぎ用マットを処分。ハルマコがボロボロにしてしまったのでお役御免でしたね。
そして昨年冬までハル+マコに使っていたドーム型トイレも来週粗大ゴミに出す予定です。

IMG_4490


edashin117 at 01:00|PermalinkComments(0) モリ/ハル&マコ/猫 

2020年04月25日

[200419]ハルマコに災害用ハーネスを

最近は休みになるとハルとマコに災害ハーネスを時間限定で着せています。
新型コロナウイルスで深刻なご時世に、災害避難など考えたくないけれど、
いざという時のために、こういうのは猫も人間も慣れが必要。

IMG_4463


2匹分が揃ったのが3月(訳ありで別々のメーカー)で、ブツを我が家のにおいに馴染ませるためしばらく寝室に放置してました。

IMG_4454

▲ハル。時間が経つとあまり気にならなくなる... みたい


IMG_4472

▲マコ。型的にハルよりも動きにくそうな様子。


IMG_4466


IMG_4474


いつもマコが違和感あるようで、この日の装着直後の画像が下。何とも微妙な顔が申し訳ないけどかわいい(苦笑)。

IMG_4452









edashin117 at 16:07|PermalinkComments(0) モリ/ハル&マコ/猫 

2020年04月05日

[200405]どれほどの信念か

新型コロナウイルスで世界各地がますます深刻な状況になっている。
我が国の政府や都知事、様々なメディア報道に思うこと多々あるけれど、しばらくは周囲をあてにせず、ただ自己管理していくしかなさそう。

BusloadofFaith


感染者が激増しているNY州の状況が報道されてから、元ニューヨーカーである故ルー・リードが頭をよぎっている。ちょうど彼について言及したネット仲間のFb投稿を紹介。

「信念でこの不条理な状況に「抗う」こと」

紹介された曲はアルバム中でお気に入り上位。来日公演で生演奏を観ることもできた。
奇しくもちょうど20年前の1990年という。
ルーが生きていたら今の状況をこのように思ったのではないか。

日々生活に追われる社畜人間が、ロックレジェンドやネット友人の信念にどれほど近づけるかはわからないけど(苦笑)、上記の思い同様、酷い政策や風評、差別に振り回されることなく、自分なりの何とやらを持ち続けねばならないと考えた次第。
ともかく自分への発症含めてこの先どうなるのかとても心配です。

→ Lou Reed /Busload of Faith (「NEW YORK」収録)













edashin117 at 18:52|PermalinkComments(0) 日常 

2020年03月28日

[画像日記78]地元のソメイヨシノと猫

妙な天候続きや新型コロナ問題で、花見どこじゃねーだろ的な世間模様ですが、
だからこそ個人的にはデータ記憶として更新しておきたく。ひさびさに画像日記での投稿。

DSC_5625


DSC_5606


20年以上続けていた靖国+千鳥ヶ淵の花見も今年はやらず、せめて近場の桜でもと撮りに行きました。まだ雨が降る前の昼過ぎ。地元・西武線 武蔵関駅の線路沿いにあるソメイヨシノです。今年も相変わらず華やか。

DSC_5588


撮影中たまたま視界にはいった猫も撮影。いつもここで寝てるのでしょうか。


*  *  *

DSC_5630



DSC_5607


DSC_5593


DSC_5611


DSC_5603


DSC_5633



で、のこり2枚はさっきの猫。最初こんな感じで発見。

DSC_5585


DSC_5590

実は下からも撮りました。失礼っ...








edashin117 at 16:46|PermalinkComments(0) 撮影日記 

2020年03月22日

[200321]第118話 あの日は忘れないが2020(9年目の3.11を経て)

今年もまたあの日を経て。画像は翌日の朝日新聞。
忘れてはならないと気持ちを新たにしつつも、9年後にこんなことになっているとはと驚きの日常生活です。

IMG_4229


10日も経過して投稿するの戸惑いましたが、こうした記憶を切り抜いておきたく更新。
あれやこれやが今後どうなってゆくのか、とにかく日々状況は変化してます。


→ 枝枝新報 本館・猫なみ劇場 第118話
  (猫なみ劇場 表玄関は[こちら]です)

edashin117 at 14:44|PermalinkComments(0) 猫なみ劇場 

2020年03月14日

[200308]無観客場所

先日iPhoneで撮った大相撲春場所の初日の模様。
かなりのインパクトを感じましたが、1週間近く経過して今さら感は承知で画像アップ。
その後、次々と見聞きする世間各地の報道には驚くばかりです。

IMG_4104


日ごとに状況が悪化するなかで、こういう投稿はタイミングが難しい。
とはいえ、この場で何かを記しておきたい。
本日3/14の夕方6時に安倍総理の記者会見があるそうですが、
今後日本はどんなことになるのやら。




edashin117 at 13:42|PermalinkComments(0) 日常