2019年03月21日

[190322]第109話 記憶も空なのか

ひさびさの更新はまたも仏教ネタ。
この画像は2月に行った鎌倉の虚空蔵堂(明鏡山 円満院 星井寺)に並ぶノボリです。

DSC_0655


***

記憶力増進のご利益が得られる菩薩なんていたんですな。

虚空蔵菩薩を知ったキッカケは、昨年秋『京都・醍醐寺 真言密教の宇宙』で見たこの求聞持法根本尊図像(※)でした。 下の画像は展示と同じ。
会場に入るまで存在も知らなかったです。展示を見てこれは「猫なみにちょうどいいネタかも」と思いました。

GMON-n


そもそも虚空蔵菩薩とはなんぞや。
ざっくり知るにはこちらを読んでいただきしょうか...。求聞持法とセットで検索するとスピリチュアル系のあやしいサイトにも数多くヒット。そういうジャンルには距離をおきまして、以来、猫なみネタとして雑学的関心を向けておりました。

で、関東圏でゆかりの寺院として有名なひとつ、虚空蔵堂に参拝してきたのです。

DSC_0657


DSC_0683


DSC_0643


▼下画像が求聞持法の御真言。これを100日で100万回唱えると超絶的な記憶力がつくという。

DSC_0627


弘法大師・空海は唐の留学で膨大な経典を暗記するため、この修法をやり遂げたらしい。
求聞持法の歴史がどのようであるのか、ある程度あたりましたが、
当然こんなことまでする気はありませんで、せめて御本尊にお賽銭と合掌を。

DSC_0632


▲実は本来の御本尊である虚空蔵菩薩は年に数回だけ御開帳の秘仏でして、こちらは分身の前立像らしいです。

時の変遷で今日の虚空蔵菩薩はさまざまなご利益も得られる存在になり、日本各地で地元密着の催しが盛んのようです。学業祈願や十三詣りでご存知の方もいるでしょう。記憶力云々だけで語る時代は遠い遠い昔の話。

***

nihonnobijutu1_n

虚空蔵菩薩を知るのに入手可能な文献類は少なく、この『日本の美術1』(画像)は資料的に役立ちました。ネットではいろいろ調べてると、こういう研究白山信仰(ちなみに亡父の実家は石川県白山市)など、民俗学とのリンクも知ることができまして、今後も好奇心が広がっていくかもしれません。
そういえば、まもなく上野で始まる『国宝 東寺−空海と仏像曼荼羅』では、五大虚空蔵菩薩坐像も追加展示が決定しているらしく楽しみにしてます。



→ 紹介記事;虚空蔵堂(明鏡山 円満院 星井寺)
→ 紹介記事:京都・醍醐寺 真言密教の宇宙
  (※)のリンク画像はこちらの記事から使用させていただきました。


→ 枝枝新報 本館・猫なみ劇場 第109話
  (猫なみ劇場 表玄関は[こちら]です)

edashin117 at 16:18|PermalinkComments(0) 猫なみ劇場 

2019年02月11日

[190210]鎌倉観光(江ノ電系スポット編)

昨年10月に続く鎌倉観光へ。もともと今回はあるお堂(後述)を見るだけが目的でしたが、
せっかくだからと有名な長谷寺など周辺を観光しました。
厳選画像と簡単キャプションでざーっと紹介。ただの思い出記録です。
旅行リサーチの方にはつまらないかもしれません...

DSC_0804


▲最初の画像は、後にでてくる長谷寺の弁天窟にて撮影。


***


寒い2月でも江ノ電は混雑してました(外国人が多い)が、ほとんどが長谷駅で降りて電車はいっきにガラ空きw、僕はお次の極楽寺駅で下車しました。あいにく一部工事中で残念な画像。

DSC_0603


DSC_0614



▼まずは極楽寺へ。境内は撮影禁止。

DSC_0610


その後は出て左へ。極楽寺坂切り通しをまっすぐ。

DSC_0616


画像ではかなりはしょりますが(撮影するの忘れてた)、
歩いて右手に成就院(階段上がります)。

DSC_0662


DSC_0665


▼境内の画像は省略。出て右をまがるとこの風景。向こうは由比ヶ浜。

DSC_0663


ここは紫陽花が咲くとおおにぎわいになるらしい。
今の季節はさびしいけど海がきれい。晴れの日でよかった。
で、ここを下って通りに出るとやがて...


DSC_0618


▼虚空蔵堂。今回メインの目的はこちらなのでした。いずれ単独で更新する予定です。

DSC_0681


トイレに行くためローソンの看板があったので、通りを脇へ曲がって進むと...

DSC_0685


DSC_0687


ここでコンビニおにぎり食べながら小休憩w。

DSC_0698-n


▼通りにもどって有名らしいお店。

DSC_0705


▼このお店の右にまがって進むと御霊神社。

DSC_0712



DSC_0729


境内の他の画像は省略。その後は長谷駅沿いの通りに出てこちらで遅い昼食。
しらす丼セットを注文。

DSC_0831


この店で幼少時のオバマ元大統領が抹茶アイスを食べたらしい。当時抹茶アイスはここにしかなく、調べたテレビ番組から連絡を受けて知ったとか。もちろん当時をオバマ氏と認識した人などいるわけないよと笑っていた。

▼その後、長谷寺へ。

DSC_0829


DSC_0739


さすが定番スポット。
サービスの行き届いた案内設備でこれぞ観光地という感じでした。
境内も見所多数でしたが画像厳選。

DSC_0738


DSC_0792


DSC_0753


DSC_0751


DSC_0748


▼輪蔵(回転書庫)のまわりの壁に、これが確か6セット?だったか、
全部回すだけで全経典を読んだのと同じ功徳があるらしい。

DSC_0752



▼ここから弁天窟。

DSC_0823


DSC_0813


DSC_0801


DSC_0805



DSC_0807


DSC_0808


DSC_0814


DSC_0816


もっと色々ありましたが画像厳選で。
ミステリゾーンのように入り組んでいてコワイけど面白かった。


▼最後に卍池

DSC_0784


本尊の高さ9メートルを超える十一面観音菩薩像は圧倒的でした。観音ミュージアムは混雑気味だったのでやむなく断念。

以上です。


→ 長谷寺紹介「巨大な十一面観音菩薩像の奇しき由来とは」

edashin117 at 16:37|PermalinkComments(0) 行事/旅/イベント関連 

2019年02月09日

[190203]旧東海道を歩く(北品川〜大森海岸)

先週、旧東海道の品川宿散歩コースを歩いてきました。
紹介する画像はかなり厳選してます。少々キャプション付けてただの思い出記録。
下の画像は散歩の終点にあった大森海岸の鈴ヶ森刑場遺跡です。

DSC_0586



実は本来の目的は別にありまして、コース上のあるお寺だけ行く予定でした。
その詳細はいずれ別のネタで更新しますが、行く前に検索してたら街道沿いで色々な名所があったので、天気もよかったし歩いてみるかと。


▼品川駅でなく北品川駅からスタート。

ファイル 2019-02-09 17 04 27


ファイル 2019-02-09 17 03 14


DSC_0449


途中にあった商店建築。明治期のなごりや関東大震災以降のレトロな銅板張りなどが中心。

DSC_0398


DSC_0461


DSC_0524


ぽつぽつこういうのありましたけれど、通して全体的には普通の商店街通り(苦笑)。
さすがにこちらの宿場町のような風情を堪能できるわけもなく。ただ、見学した寺院や名所スポットはどれも良かったです。


▼実はこちらが本来の目的だった養願寺。詳細はいずれ改めて。

DSC_0408



▼一心寺

DSC_0447



▼品川神社。双龍の鳥居がインパクトあり。富士塚に登ってみました。

DSC_0465


DSC_0503


DSC_0500


DSC_0472


DSC_0483


DSC_0477


DSC_0474


DSC_0494


DSC_0489



▼荏原神社。ここももう梅が咲いてました。

DSC_0506


DSC_0512



▼品川寺。「ほんせんじ」と読みます。1657年に鋳造された釣り鐘をはじめ見所いろいろ。

DSC_0532


DSC_0536


DSC_0545


DSC_0540

個人的に気に入ったのはこの弁天堂。中を撮影するのを忘れてしまい残念。



▼涙橋。ちなみに『明日のジョー』の泪橋とは別であちらは荒川区。

DSC_0562


DSC_0560


DSC_0561


▼最後に前から来たいと思っていた鈴ヶ森刑場遺跡。実は歩いたコースだと遺跡の後ろからでして逆順に見学していました。この画像は帰りに撮影。

DSC_0587


DSC_0597


DSC_0577


DSC_0574


DSC_0572


DSC_0582


DSC_0599


パンフレットを買って合掌。夕暮れ迫ってたので独特の寂寥感が漂ってました。

以上です。


edashin117 at 17:24|PermalinkComments(0) 行事/旅/イベント関連 

2019年01月14日

[190113]第108話 エディの忘月忘日生活

今年最初の更新です。昨年末にこういうテーマで黄昏た文でも記す予定でしたが、年が明けてしまい、どうでもよくなってきた。要は忘れたくないこともあるし、忘れたいこともあるっつーことでして。
ところで、先日みかけた記憶に関する記事。「忘れた記憶を薬で回復させる実験」が猫なみネタ的ノリで気になりました。


190113kioku


第105話のインスリン然り、記憶のメカニズムについて解明が進んでいるようです。自分が認知世代になる頃にはどうなっているか。それはそれとして残したい記憶はデジタル保存。皆様とネットで共有できる部分もあります。

→ 枝枝新報 本館・猫なみ劇場 第108話
  (猫なみ劇場 表玄関は[こちら]です)

edashin117 at 22:00|PermalinkComments(0) 猫なみ劇場 

2019年01月01日

[190101]2019年元旦

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

DSC_0059


上の画像は今年我が家のカレンダー。毎度おなじみですが。
白川静漢字暦に定番岩合光昭氏撮影も含む猫カレンダー各種。
ネット版の自作年賀状は下記URLよりダウンロード可能です。よろしければぜひ。

→ 2019年ネット版枝新年賀状はこちら

edashin117 at 08:00|PermalinkComments(0)

2018年12月31日

[181231]2018年大晦日

ひさびさの更新が今年最後になりそう。
毎年記録で撮ってる画像ですが、昨日30日に年賀状を投函。

ファイル 2018-12-31 18 55 21


今回はめずらしく早めに仕上がったにもかかわらず、先週プリンターが壊れてしまい、買い直し+セッティングで結局こんな時期になってしまいました(苦笑)。
先月から色々とネタになるような画像はあったのですが、せわしい師走で更新できず(苦笑)。
相変わらずやり残し感あり、文字通り強制終了の大晦日という。
ハル&マコ画像で締めしましょう。
皆様どうかよいお年を。

ファイル 2018-12-31 18 53 35


ファイル 2018-12-31 18 54 57



edashin117 at 19:52|PermalinkComments(0)

2018年11月17日

[画像日記77]築地本願寺

ひさびさの画像日記は先月に続き2度目の築地本願寺。
ある参加イベントが近場でありまして、その開場前に時間をつくって寄りました。前回撮った分も含めて紹介。

DSC_0013


来てみると報恩講の初日。報恩講とは親鸞の命日に合わせた浄土真宗の一大法要行事です。

2018-11-17 17 55 56


浄土真宗は宗派がいくつもあり、両親絡みで僕がお世話になっているのは「東」の真宗大谷派。築地は「西」の本願寺派。報恩講は宗派・地区によって期間が異なり、11月から年明けにかけてまちまちのようです。

DSC_0009


DSC_0011

浄土真宗の開祖・親鸞聖人の像。顔が怖い。

DSC_0023

挨拶講演中。あいにく本堂を間近で見れず残念。

DSC_0021

かのパイプオルガンも遠目にしか見れず。

DSC_0034


院内のいたるところに動物の像。他にもあるのでしょう。
設計を担当した伊東忠太氏は妖怪好きでも有名。興味深い方なのでご存知ない方はぜひ検索を。

DSC_0035


DSC_0037


DSC_0040


DSC_0307


DSC_0311


DSC_0029


2018-11-17 17 55 35


最後に下の画像は前回公認ショップで買った朱蝋燭。
こりゃもう我が家でキープするしかない。昨日11/17母親命日にウチの仏壇で使いました。

SHUROUSOKU

ファイル 2018-11-18 14 03 40


最後にこのロウソクの発売元を紹介リンク。
築地本願寺の方は有名ですから皆さまでお好きに検索を(苦笑)。

→ 米ぬかろうそく まめ(オンラインショップ)

→ グッドデザイン賞を受賞した「和ろうそく」って? 滋賀・大與(だいよ)の次世代へつながる関係づくりの話


edashin117 at 18:35|PermalinkComments(0) 撮影日記 

2018年10月28日

[181028]第107話 直子の自分に挑戦型リマインダー

reminder-nこゆるく更新。
過去数回iPhoneにフセン貼ったことありますが、さすがにあそこまではしてませんね。
忘れっぽいくせしてリマインダー機能を使ったことありませんが、Facebookやエバーノートで忘れないよう「後で読む」的な保存して貯めちゃうこと多し。
それはそれとして、世間ではまたまた最新iPhoneが話題。もうホントついてけません。自分の機種変更は、先日のカミさんみたいに水没でもしないかぎり、当分は6のまんまでしょう。

IPHONE201810


→ 枝枝新報 本館・猫なみ劇場 第107話
  (猫なみ劇場 表玄関は[こちら]です)

edashin117 at 12:50|PermalinkComments(0) 猫なみ劇場 

2018年10月08日

[181005]鎌倉観光

雨天候のなか25年ぶりぐらいで鎌倉観光。といっても行ったのは2箇所だけでしたけど。
まずはこちら、鏑木清方記念美術館。

DSC_0328n2


DSC_0331


おなじみ歌川国芳の系譜として月岡芳年〜水野年方も実物鑑賞はしてますが、やはりその後の鏑木清方もおさえておきたく。以前、鏑木清方といえば「あの清楚な美人画」ぐらいで特別に意識したことはなかったのですが、やはり印刷で見るのとは違うわけで予想以上に堪能。興味深い下絵展示や復元された和室アトリエ等... 小規模な美術館ながら見所はさまざまでした。

で、鑑賞後に鏑木清方作の美人双六を購入(微笑)。大正時代の文芸誌の復刻版とのこと。

DSC_0399

帰宅後ネット検索すると他にも何種類か双六があったらしく、「軍国をんな双六」というのもあって驚いた。そこはさすが時代(第一次大戦時)。



手打ちうどんを食した後、強くなりかけた雨降りも気にせず臨済宗円覚寺派瑞泉寺へ。

DSC_0385

▲どちらへ進んでも先は同じ山門に(画像下)

DSC_0372


DSC_0374


雨模様でもこの寺なら趣きがあるだろうと向かいましたが、さすがに客人はほぼ自分ひとりという。

DSC_0358


DSC_0359


2018-10-06 23 29 40


2018-10-06 23 06 09


こちらの庭園は、本来なかなか良き風情があるのでしょうが、天候のせいか妙な秘境ムード。

寺を出た時には受付も終了。まわりは寂しげでした。

DSC_0389


2018-10-06 23 28 45


→ 鏑木清方記念美術館 公式サイト
→ 臨済宗円覚寺派 鎌倉瑞泉寺 公式サイト

edashin117 at 00:15|PermalinkComments(0) 行事/旅/イベント関連 

2018年10月07日

[181004]京都醍醐寺〜神谷町光明寺〜築地本願寺

毎年担当している7〜9月の修羅場仕事が片付くと有休を取るのですが、今年は連休からめて10/4+5に。初日は都内仏教美術めぐり。
最初はサントリー美術館でのこちら。京都に行ったわけではなくw。

2018-10-07 0 02 06

個性的な仏像の数々、空海直筆の巻物や仏画の下絵など見応え多数でした。
個人的に気になったのは、空海が唐入前に求聞持法として使われた仏画。求聞持法とは記憶力を高めるための修行メソッドらしいのですが、色々な意味でというか何というか、猫なみ劇場ネタとして興味深い(汗笑)。



DSC_0294

続いては神谷町の光明寺。
当ブログで過去に何度も話題にしているこのデザイナー&イラストレーター氏の欄間絵を鑑賞するためです。誰もいない本堂に合計18枚。
許可をいただき撮影はしたのですが、ネットにアップするのは控えておきます。とはいえ、文字だけではワケわからないので残念(苦笑)。独特のシチュエーションを堪能しましたが、年内にまた伺う予定です。



2018-10-06 19 26 53

最後はあの築地本願寺。
社会人数年目の頃に初めて見た時は驚きました。境内と本堂に入るのは今回初めて。
まもなく閉館の入場だったためゆっくりできず、こちらもいずれまた。妖怪研究家でも有名な設計者によるオブジェなどいろいろ撮影したのですが、画像はそのときに(検索すれば他で見れますが)。

DSC_0318




→『京都・醍醐寺〜真言密教の宇宙』公式サイト
→ 神谷町光明寺 公式サイト
→ 築地本願寺 公式サイト

edashin117 at 00:46|PermalinkComments(0) アート関連