2021年10月03日

[211002]第127話 あっちゅーまを味わう記憶力

ひさびさの更新。いつもよりずいぶん間が空いた理由は、本館枝新のリニューアルに時間を割いていたからです。結局そっちの完了は年内中に延期としましたが。

IMG_7668


今年も好きな季節が到来してますが、気がつくと9月は過ぎてしまった。10月はどれほど満喫できるか、この日おなじみ地元武蔵関公園へ散歩。更新ネタに使った中秋の名月は大した画像でもないし、今さらなので昨日撮った3枚を。


IMG_7659


公園名物メタセコイア(曙杉)が秋風に揺れるさまを見上げながら、マスク外して深呼吸をしてみました。
公園でもマスクに配慮するなんて残念なご時世だと思います。こんなことは「あっちゅーま」に過ぎてほしいですが、後年どのように思い出すでしょう。

IMG_7665



実は、9月の連休はまさか陽性?と不安な時を過ごしておりました。幸いPCR検査は陰性でその後も問題症状はありませんでしたが。
ともかく秋を味わいつつ引き続き感染しないような日常を続けられればと。

→ 枝枝新報 本館・猫なみ劇場 第127話
  (猫なみ劇場 表玄関は[こちら]です)

edashin117 at 12:30|PermalinkComments(0) 猫なみ劇場 

2021年09月18日

本館枝新のリニューアルについて

老朽化の激しい本館・枝枝新報。
開設20周年にあたる8月に合わせてリニューアルを進めてましたが、CSSの基本ぐらいしか把握してない素人が今どきの体裁目指してあれこれ四苦八苦。レスポンシブルへの表示対応に予想以上の時間がかかっているため、年内完了を目安で延期させていただきます。

IMG_7555


20周年といっても祝モードなどありませんで、ほぼ自己満足で続いてるホームページですし。

コロナ禍の日常生活という影響含め、実際、以前ほどこういうことに注力できない心もちで日常を過ごしています。近年の社会状況からプライベートをさらすことについて考え方も変わってきました。じゃーぶっちゃけ何のため?と思われても不思議ではないか。

世間ではあの9.11から20年。個人的には同い年の友人早川氏の他界から10年にもあたります。先日も個人的に強く贔屓にしていた美術家・谷口広樹氏の急逝は悲しい出来事でした。
色々な思いを記したいのになかなかどうも。こんな沈滞気味のブログに今どんな方がきてくださっているのかわかりませんが、とりあえず現状の報告を記した次第です。
画像は先日散策した善福寺公園にて。

edashin117 at 19:22|PermalinkComments(0) 日常 

2021年08月15日

[200815]2021年夏の日常

ひさびさの更新。最近のあれこれを画像でざっくり振り返っておきます。
トップのこちらは職場夏休みの初日にあたる先日8/11の大手町。
こちらでモデルナ製ワクチン1回目を接種。

IMG_7275


*   *   *

まずは最近のハル&マコを厳選画像で。先月7/7の誕生日では更新しそこねてしまいまして。

IMG_7131


IMG_7280


IMG_7291


IMG_7142

採血による健康診断は2匹とも平常値。大事もなく健やかに生活しております。



8月は原爆の日や終戦記念日だけでなく、父命日やお盆、モリ生誕記念日と自宅行事もすっかりおなじみ。夏は追悼モードになることの多い季節となっています。

IMG_7195n

▲8/3父命日。あれから7年。


で、ふたたび8/11。ワクチン接種の画像。自衛隊東京大規模接種センター。
評判どおり非常に円滑スムーズな手続きシステムで、1時間以内でひととおり終了。

IMG_7273


IMG_7272


それにしてもわざわざ大手町まで行って接種するなんて考えてませんでした。
自宅ベランダから見える総合病院でサクッと済ます予定だったのが、供給不足と予約システムのヒドさに辟易。僕の場合、仕事都合で土日休日狙いもネックになってましたが。
世間では変異株が広がっており今後も全く油断できない。



IMG_7286

▲8/12は故モリの生誕祭。生きていれば28歳(汗笑)。
今年も黒ビールでささやかな献杯をしました。


IMG_7332

▲そして昨日からお盆。
コロナ禍とあいにくの天候で予定してた墓参りや妹家族の集まりは中止。
ちなみに後ろの供花は平時用の造花です。

画像は以上。

*   *   *

この休み期間を使って本館枝新のリニューアル準備を進めてますが、残念ながらやはり予定を過ぎてしまいそう。
どうせならとレスポンシビリティにまで踏み込んでから泥沼状況に突入。
Web屋なら大した手間にならないだろうコード入力にあれこれ試行錯誤してます。
近日中にこの場で進捗報告予定。待ってる方などいないでしょうが。

edashin117 at 14:23|PermalinkComments(0) 日常 

2021年06月05日

[210605]第126話 記憶アンインストール的な

今回はお知らせ的意味あいでの更新。今さら何だよっつー画像付きでしょうもない。

uninst adobeflash


皆さまご存知のようにAdobeによるFlash Playerが廃止され、巷ではとっくに過ぎた話ですが、
実は僕の環境ではまだアンインストールをしておりません。
抵抗してるつもりは全くありませんで、そもそも動作しないし。

猫なみ劇場初期はFlash Playerを使用したスライドショーが多く、
どうすべきか考えがまとまらないまま半年過ぎてしまいました。現在閲覧できない状態です。
ともかくアンインストールするのは、ここで初期の回の閲覧停止をお知らせした後にしようと。

まだ使用可能な旧OS環境のマシンがあるので、
各シーンをキャプチャリングして再構成するなども考えましたが、
本来のテイストは味わえないし虚しい作業です。

古くはCD-ROM作品がそうであったように、
環境進化により古いメディアコンテンツが葬りされらるのは世の常でありましょう。
今回の更新ネタは、人間でいえばタイトルのようでもあるかとこじつけてみました。

で、母体である拙ホームページのリニューアルも依然進まずどうなるのやらで、
いろいろな面から今後の更新形態の見直しを考えております。

→ 枝枝新報 本館・猫なみ劇場 第126話
  (猫なみ劇場 表玄関は[こちら]です)

edashin117 at 17:03|PermalinkComments(0) 猫なみ劇場 

2021年05月29日

[210522]止まれ猫について

この地域に越してきて早6年。近所にあるこの通りで複数の猫を見かけることがあります。
いつからか僕が彼らを勝手に「止まれ猫」と名付け、我が家ではおなじみになりました。

tomare


画像はコロナ禍前に撮ったもの(時系列バラバラ)。

IMG_2334


IMG_2069


IMG_2330


たまたまコンビニ袋をもって「止まれ」の近くに立つので、集まってくるのですが(笑)、
大抵は道の端や塀の上にいるようです。

IMG_2067


いろいろ変遷があるなか、毛柄はほとんどが白黒系。
日によって見かける数はさまざまで、飼い猫と地域猫が混じり数匹〜8匹?ぐらい。


で、先日、ひさびさに様子を見に行くとこんな貼り紙がありました。

IMG_6660


IMG_6662


「関町猫の会」。こんな支援組織があるなんて知らなかった。
なかには餌付けを問題視する声もあるでしょうし、そんな対応と責任も背負っての活動は大変だと思います。
ただでさえ世知辛いご時世。猫好き&猫を家族に持つ身として、こうした方々には感謝やねぎらいの気持ちを抱いております。

関町南北町会ホームページより

edashin117 at 14:23|PermalinkComments(0) モリ/ハル&マコ/猫 

2021年05月05日

[210505]第125話 直子 vs ワイヤレスイヤホン 第1回戦

巷ではすっかり多勢を占めている(?)ワイヤレスイヤホンをようやく先月購入しました。
昨年買い換えた最新iPhone12はワイヤレスしか使えず、性能価格等でうだうだ悩んでいるうちに半年近く経過。
モノは何であれ、過去に何度も何度もイヤホンを無くしてきたので、これをいつまで使い続けられるか。ワイヤレスは絶好の猫なみ劇場ネタでもあります。

でも安心? 買ってから存在知った紛失防止に「tile」というアプリがあるんですな。
tile
その二週間ほどしてアップルから「AirTag」を発表され、
「忘れ物防止」という売り文句に、ほー、こっちも猫なみネタだわと興味津々。
ところが、tile側がこれを不正競争だと非難してることを知り、関連記事を読んで確かに両者とも基本的に同じモノですわね。「AirTag」が大々的に報道されて、今後こういう市場が広がるだろうと思ってたけれど、実は既にどっちが先よっつー、昔のアップルvsマイクロソフトみたいな構図になっていたとは。tileの方がリーズナルブな価格ですが、ブランド的にアップルが席巻するのは明らか。

airtag1


airtag2


日本では高齢化加速の一途ですし、「あれどこにやったっけ?」までもIT機器として本格的に商売戦線にあがるとは、個人的に興味深い猫なみネタ新潮流といえます。

イヤホンは「tile」の無料版アプリを使いますが、他ではそのうち「AirTag」のお世話になるかも。
しかし、当然こういうのも電池切れや使用環境バージョンが絡むわけで、ますますカネで記憶を補う時代が加速するのでしょう。10年後にも猫なみ劇場が続いてればそのへんどうなっているやらです。


→ 枝枝新報 本館・猫なみ劇場 第125話
  (猫なみ劇場 表玄関は[こちら]です)

edashin117 at 12:31|PermalinkComments(0) 猫なみ劇場 

2021年04月29日

[210421]八度目のモリ命日

先週、8度目になるモリの命日。和やかに夫婦で献杯しました。

IMG_6533


IMG_6532


IMG_6507


ハルマコ2匹一緒でいい撮影はやはり難しい(苦笑)。

イベント的な追悼もしなくなり、今年も更新が遅れてしまいましたが、
毎日遺影には合掌してますし忘れたことは一日もありません。


edashin117 at 17:05|PermalinkComments(0) モリ/ハル&マコ/猫 

[画像日記84]虚空蔵菩薩像

もう1ヶ月近くも前、4月3日に国立東京博物館へ期間限定の虚空蔵菩薩像を観に行きました。
撮影OKとのことで一眼カメラにて現物撮影。

DSC_7086n


虚空蔵菩薩を知ったのは最近で3年前の『京都・醍醐寺〜真言密教の宇宙展』。記憶力のご利益がある菩薩なんているのかと驚き、記憶や物忘れ等をテーマにしている猫なみ劇場のネタとして雑学的関心を深めようとこういう寺院参拝や美術鑑賞を色々してきました。平安期のこちらは現存最古の仏画として東博に収蔵されているのは知っており、ようやく「真打」を拝めるとまさに待望の機会。

でしたが(後述)、、、

DSC_7049 2

当日は好天に恵まれ、上野公園も賑わっておりました。
次の週からは『国宝鳥獣戯画展』でまた混雑するのだろうなと思ってましたが、
現在緊急事態宣言で休館とのこと。

DSC_7087


DSC_7051

デジタル一眼レフを持参して鑑賞にのぞみましたが、、、

DSC_7089



やはりというか、古すぎて装飾描写の色彩がはっきりとはわらからず、、、

DSC_7057


DSC_7058


ガラス越しゆえ、撮影画像もご覧の通り(苦笑)。微細な部分を観たいなら印刷物か下記リンクがいーんじゃね?という...。とはいえ、当然現物を鑑賞できるのは何よりですし、持参した単眼鏡でも拝みましてそれそれは良き体験でありました(微笑)。

その他、常設展示には興味深いものがいくつもありましたが割愛します。

→ 東京国立博物館公式サイト  コレクション紹介

edashin117 at 16:15|PermalinkComments(0) 撮影日記 

2021年03月27日

[画像日記83]地元のソメイヨシノと武蔵関公園

今年も地元線路沿いのソメイヨシノと武蔵関公園の桜を撮影鑑賞してきました。

DSC_6899


DSC_6901


DSC_6964


撮影は、行きのソメイヨシノ→武蔵関公園→帰りのソメイヨシノの順。
天気が良かったので、西日の差した帰りのソメイヨシノの方が色的に撮りやすかったような。

DSC_6926


DSC_6999


すでに満開を過ぎ徐々に葉桜になりそうな様子でしたが、個人的には緑系が混ざった方が撮影画としては好みという。毎度ポツポツと咲いてる地味な桜に目が行ってしまいます。

DSC_6936


DSC_6986


DSC_6988



DSC_7019


DSC_7009







edashin117 at 20:42|PermalinkComments(0) 撮影日記 

2021年03月21日

[210315]第124話 あれから10年。震災の記憶

本館124話の方は先週アップしたのですが、1週間以上も過ぎてこういう内容をブログ更新するのは遅すぎですね(汗)。
とはいえ、昨日3月20日の夜にまた「あの時」を思い起こさせる地震がありました。
ちょうど僕は休日出勤でひとり仕事中でして、「ここでまたあんなこと、頼むから勘弁」と半泣き5分前。都内の僕でさえこうですから、被災した方々のトラウマは大変なものでしょう。

IMG_6333


10年前の3.11夜、職場から自宅まで2時間近く歩きながら心配していたモリは無事でして、その確認後に撮った自宅画像の一枚がこれ▼(以前アップしたかも)。

DSC_0025


*   *   *

今回は少し前にNHK Eテレで放映された「又吉直樹のヘウレーカ!」の「あの日の記憶を伝える東日本大震災アーカイブ」を画像で紹介。
記憶をテーマにしている猫なみ劇場的関心としても非常に面白かったです。

IMG_6298 2


IMG_6302 2


IMG_6297


あの時の僕はまだガラケーでして、リアルタイムのツイートもなく、その時の携帯画像も携帯電話本体をどこにしまったか忘れてしまい再確認できず(苦笑)。まあ見つかったとしても災害時の資料になるようなデータなどないでしょう。文字どおり僕自身のための「記憶」「思い出」でしかなく。

地震が収まってすぐに電話で生存確認した両親やモリはもう他界してますし、引っ越したのであの時歩いた新青梅街道とも縁はありません。
10年も経てば誰でもそうでしょうが、僕の生活環境もずいぶん激変しました。
振り返ればあの当時を境に(震災の影響も含め)様々な日常変化が始まったと思えなくもない。
で、10年後の世間。コロナ禍の終息は依然見えず我々は毎日を過ごしております。

→ 枝枝新報 本館・猫なみ劇場 第124話
  (猫なみ劇場 表玄関は[こちら]です)

edashin117 at 18:02|PermalinkComments(0) 猫なみ劇場