2017年05月08日

[170507]第97話 直子妹が気になる兆候とは

ちょっと前のを今さら更新報告w。

kyoubou

認知や健忘症の兆候はイヤなものですけど、それはそれとして世間的にも共謀罪、憲法改正、対トランプ政権、北朝鮮問題が何がしかの事態を予感させます。先日の東京メトロの一時運行停止は、あきらかに市民へ不安を煽っているようで驚きました。多くの人が抱いている危機感をこのようにゆさぶるのはどうだろう。 現政権は本当に危うい。ではどうすればいいのでしょうか... 困ったものです。
そんなわけで、遅まきながら今回は、毎度のこゆるいネタをキナ臭い社会情勢につなげてしまいました(苦笑)。

→ 枝枝新報 本館・猫なみ劇場(第98話も近日更新予定)





















edashin117 at 00:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)猫なみ劇場 

2017年04月30日

[170422]in PARADISE

今年1月に続いて谷口広樹氏の個展を鑑賞。今回も画集(すでに持っているけど奥付のサイン欲しさにw)とポストカードを購入した際、少しお話することができました。

mangsa3


mangusa2


その後、教えてる学生さん、ご友人らと談笑してる流れから、水彩で花を描くところを拝見。いい絵がかけたり、そのタイトルが浮かんだりは、あちら側からひらめきのようなものが来るとのこと。仕上がった作品には、自分の才能や技術力とは別の何かを感じるのでしょう。氏のこうした創作性は以前から知ってまして、とてもシンパシーを感じていました。ちなみに画集のタイトルは金の猿を意味するチベット語。最初僕が買ったのは20年前ですが、今でも見直すことが多い大切な画集。今回はとても喜ばしい日でした。

mangusa1


→ 個展情報@ヨロコビto 公式HP
→ 谷口氏のツイッター・アカウント




edashin117 at 18:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アート関連 

2017年04月23日

[170421]四度目のモリ命日

ひさびさの更新。極力感傷を抑えて記しましょうw。

DSC_0547


DSC_0615


昨年に続き今年もハル&マコと和やかに夜を過ごしました。
ちょうどあの時間(23時40分)ぐらいは、フォトセッションの真っ最中でしたね。
残念ながら今年も二匹一緒は良いのが撮れずw、厳選でこの2枚を紹介。
かつて、モリがだんだん遠い過去になるのを悲しんでいた我が家ですが、
今では「レジェンド猫」と呼んで懐かしんでおります。






















edashin117 at 19:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)モリ/猫 

2017年02月12日

[画像日記75]最近のハルマコ

ひさびさにハル&マコ画像を。昨年末のもあるのですがw。

17-02-12 21 15 36


17-02-12 21 16 36


17-02-12 21 12 17


17-02-12 21 11 51


17-02-12 21 13 08


17-02-12 21 12 53


17-02-12 21 14 36


17-02-12 21 15 58


17-02-12 21 19 55




edashin117 at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)撮影日記 

2017年01月26日

[170128]第96話 St.ビックバード

puragomi今年最初。酉年だし鳥頭なネタでもと考えてましたが... 結局こんな更新に。うちのマンションの集積所でたまに見かけるのはあんなヤツではなく、やはりカラスです。
鳥類は嗅覚が発達してないため、視覚的に中身を確認して食えるか食えないかを判断するそうで。だからこういうありさまになってしまいます。ちなみにこの日はプラ系ゴミの日なので散らかしただけ(苦笑)。まだマシな方でしょうね。他の場所でもっとムゴいの見かけます。何にしても朝からいい気分しない。というか、わざわざ撮ってブログに使うな自分。

→ 枝枝新報 本館・猫なみ劇場

















edashin117 at 18:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)猫なみ劇場 

2017年01月01日

[170101]2017元旦

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

20170101eda


ウェブ版年賀はこちらからご覧になれます(毎度画像ジャギリ気味なのはテイストですw)。
カレンダーこれから貼り替え。おなじみ岩合さん猫+白川漢字暦に国芳猫。


edashin117 at 08:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

2016年12月31日

[161231]大晦日2016

今年最後の更新になるでしょう。画像は地元・武蔵関公園。ちょうど先週24〜25日に撮影。
昨年の夏に引っ越してきて初めてこの公園に来たのは、今年の花見の時期。冬模様もやはりいい感じですね。

DSC_0133


DSC_0202


DSC_0215


いつか死ぬ時はあのベンチに座ってこの木を見ながら... なんて思ってしまった。
寒々しい黄昏れムードになぜか心が安らぎます。
自然と縁が薄い生活なので身近なところでそんな心持ちに(苦笑)。

DSC_0177

今年もいろいろありましたが、無事に新年迎えられそうで何より。
どうか皆さんよいお年を。

edashin117 at 02:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

2016年12月22日

[20161210]関のボロ市2016

日数経ちましたが、12月10日に地元駅周辺で毎年やってる関のボロ市を紹介。
引っ越してきた昨年は存在さえも知りませんでしたw。

01

ネット検索すればわかりますが、日蓮宗・本立寺で開かれるお会式(おえしき)とともに江戸時代から続いてる催しとのこと。昔ながらの古道具市場らしい風情は薄れており、屋台祭りがメインでした。

02

境内にいるとひと足早い大晦日気分にも。

04

最初にこちらスープを。ほかにも毎年おなじみのお店でたくさんの様子でした。

05

地元駅からお寺周辺の通りはとにかく出店がたくさん

06


07


08


09


10


ph161210pm


11

上画像は練馬区のゆるキャラ、ねりまるくんだそうです。さすがチビっこに人気。


12

夜はカミさんとブラブラ飲み食い。地元にこういう年末感を味わえるイベントがあるのは嬉しいですね。

13


→ 関のボロ市2016内容紹介
→ 関のボロ市2016 紹介動画

edashin117 at 12:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)行事/旅/イベント関連 

2016年12月10日

[161204]すみだ北斎美術館

先月11月22日に開館した北斎美術館へ行ってみました。

hokusai1

いろいろ意見ありますこの外観。僕はまあ...よろしいんでないかと。
前の公園で遊ぶ地元ちびっこたちにどんな人格形成をもたらすでしょうか。

hokusai2


hokusai7


で、館の最上階には、彼のアトリエを再現した実物大模型(撮影OK)。
この激しいギャップが趣き深い。

hokusai9


今回、幻だった墨田川の絵巻やデジタル再現された巨大絵馬など見どころ様々でしたが、個人的にはこれもお目当てで予想以上にリアルで嬉しかった。しかも北斎の手が微妙に動くという。

hokusai4


hokusai3

あのお栄さん(かの葛飾応為、北斎の三女)、こんなだったのか。
ちなみに有名ですが念のため、アトリエの再現はこの弟子の絵に基づいてます。江戸東京博物館にあるミニチュア版もいいのですが、この精巧さにはさすがにかなわないw。

hokusai5



*  *  *


この巨大絵馬『須佐之男命厄神退治之図』(デジタル復元)も撮影OK。

hokusai10


録画したNHK『ロスト北斎 The Lost Hokusai「幻の巨大絵に挑む男たち」』で予習して、見事な再現ぶりを堪能。現代のデジタル印刷技術と熟練された職人美術のノウハウを融合させた素晴らしいプロジェトだと思いました。


*  *  *


隅田川の絵巻をはじめ今回の展示は肉筆画に見応えありまして、個人的には「ほととぎす聞く遊君図」「朱描鐘馗(しゅがきしょうき)図」が印象的でした。

インパクト抜群の建物とは異なり、館内は美術館特有の静謐な雰囲気よりも区内施設にいるような感覚でしたね。今イチなフロアの行き来やサービス面な不慣れさなど、いくつか課題は感じられましたが、今後も訪れたいと思っています。



→ NHK『ロスト北斎 The Lost Hokusai「幻の巨大絵に挑む男たち」』紹介
→ 凸版印刷株式会社「須佐之男命厄神退治之図」復元プロジェクト紹介
→ すみだ北斎美術館 開館記事

→ すみだ北斎美術館公式サイト

edashin117 at 14:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アート関連 

2016年11月26日

[161123]第95話 St.ビックバード

新Mac miniの環境(Sierraではない)も大体整い、ひさしぶりのネタ更新。

ssp294

blogneko95少し前に大胆な設計で賛否両論の新型MacBookProが登場しましたが(画像上)、僕が買ったのは、10年以上も前の中古PowerBookG4(画像右、ちなみに8000円)。あるAdobe系画像ソフトを継続使用するためです。OS対応の都合からやむなくタブレットも買い替え、Painterも10年ぶりにアップグレード。こんな脱力テイストな絵柄には機能過剰でして操作に四苦八苦してます。せっかくなんで来年から少しは凝ってみようかと...。
最近、職場のマシンでも実感してますが、OS環境やソフトの進化についていくのが以前よりシンドくなってきました。単純に歳のせいでしょう。一方ここ数年は浮世絵みたいなアナログ世界へのシンパシーも再燃しており、この先自分の落書き事情はどうなるやらです。
更新ネタと全く関係ない近況でございました。

→ 枝枝新報 本館・猫なみ劇場


















edashin117 at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)猫なみ劇場