2016年12月22日

[20161210]関のボロ市2016

日数経ちましたが、12月10日に地元駅周辺で毎年やってる関のボロ市を紹介。
引っ越してきた昨年は存在さえも知りませんでしたw。

01

ネット検索すればわかりますが、日蓮宗・本立寺で開かれるお会式(おえしき)とともに江戸時代から続いてる催しとのこと。昔ながらの古道具市場らしい風情は薄れており、屋台祭りがメインでした。

02

境内にいるとひと足早い大晦日気分にも。

04

最初にこちらスープを。ほかにも毎年おなじみのお店でたくさんの様子でした。

05

地元駅からお寺周辺の通りはとにかく出店がたくさん

06


07


08


09


10


ph161210pm


11

上画像は練馬区のゆるキャラ、ねりまるくんだそうです。さすがチビっこに人気。


12

夜はカミさんとブラブラ飲み食い。地元にこういう年末感を味わえるイベントがあるのは嬉しいですね。

13


→ 関のボロ市2016内容紹介
→ 関のボロ市2016 紹介動画

edashin117 at 12:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)行事/旅/イベント関連 

2016年12月10日

[161204]すみだ北斎美術館

先月11月22日に開館した北斎美術館へ行ってみました。

hokusai1

いろいろ意見ありますこの外観。僕はまあ...よろしいんでないかと。
前の公園で遊ぶ地元ちびっこたちにどんな人格形成をもたらすでしょうか。

hokusai2


hokusai7


で、館の最上階には、彼のアトリエを再現した実物大模型(撮影OK)。
この激しいギャップが趣き深い。

hokusai9


今回、幻だった墨田川の絵巻やデジタル再現された巨大絵馬など見どころ様々でしたが、個人的にはこれもお目当てで予想以上にリアルで嬉しかった。しかも北斎の手が微妙に動くという。

hokusai4


hokusai3

あのお栄さん(かの葛飾応為、北斎の三女)、こんなだったのか。
ちなみに有名ですが念のため、アトリエの再現はこの弟子の絵に基づいてます。江戸東京博物館にあるミニチュア版もいいのですが、この精巧さにはさすがにかなわないw。

hokusai5



*  *  *


この巨大絵馬『須佐之男命厄神退治之図』(デジタル復元)も撮影OK。

hokusai10


録画したNHK『ロスト北斎 The Lost Hokusai「幻の巨大絵に挑む男たち」』で予習して、見事な再現ぶりを堪能。現代のデジタル印刷技術と熟練された職人美術のノウハウを融合させた素晴らしいプロジェトだと思いました。


*  *  *


隅田川の絵巻をはじめ今回の展示は肉筆画に見応えありまして、個人的には「ほととぎす聞く遊君図」「朱描鐘馗(しゅがきしょうき)図」が印象的でした。

インパクト抜群の建物とは異なり、館内は美術館特有の静謐な雰囲気よりも区内施設にいるような感覚でしたね。今イチなフロアの行き来やサービス面な不慣れさなど、いくつか課題は感じられましたが、今後も訪れたいと思っています。



→ NHK『ロスト北斎 The Lost Hokusai「幻の巨大絵に挑む男たち」』紹介
→ 凸版印刷株式会社「須佐之男命厄神退治之図」復元プロジェクト紹介
→ すみだ北斎美術館 開館記事

→ すみだ北斎美術館公式サイト

edashin117 at 14:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アート関連 

2016年11月26日

[161123]第95話 St.ビックバード

新Mac miniの環境(Sierraではない)も大体整い、ひさしぶりのネタ更新。

ssp294

blogneko95少し前に大胆な設計で賛否両論の新型MacBookProが登場しましたが(画像上)、僕が買ったのは、10年以上も前の中古PowerBookG4(画像右、ちなみに8000円)。あるAdobe系画像ソフトを継続使用するためです。OS対応の都合からやむなくタブレットも買い替え、Painterも10年ぶりにアップグレード。こんな脱力テイストな絵柄には機能過剰でして操作に四苦八苦してます。せっかくなんで来年から少しは凝ってみようかと...。
最近、職場のマシンでも実感してますが、OS環境やソフトの進化についていくのが以前よりシンドくなってきました。単純に歳のせいでしょう。一方ここ数年は浮世絵みたいなアナログ世界へのシンパシーも再燃しており、この先自分の落書き事情はどうなるやらです。
更新ネタと全く関係ない近況でございました。

→ 枝枝新報 本館・猫なみ劇場


















edashin117 at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)猫なみ劇場 

2016年11月12日

[画像日記74]2016年11月の武蔵関公園

地元の武蔵関公園。ひさびさにiPhone撮影を。
この街に引っ越してきて1年数ヶ月経ちますが、昨年のこの時期は来る機会がありませんで、
今年こそはと秋冬の変遷を味わい、ひとり黄昏れておりますw。

IMG_6750


IMG_6763



IMG_6770

右の枝が気に入っておりまして。
確か7月ごろに初めて気がついて、来るたんびにどうなってるか確認します。
台風が続いた時期は心配でしたね。


IMG_6772

お気入りの1本。あれは鳥小屋...にしては小さいような...。別の位置から撮影したのが下。

IMG_6774



この日初めて公園内で猫を発見。ジョギングに来た年配女性にカリカリをもらってました。
猫に餌禁止の看板を別の場所で見かけますが、
僕は「まあ、いいじゃないですか」という立場ながら、難しい問題に思います...

IMG_6768


edashin117 at 20:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)撮影日記 

2016年10月23日

[161017]我が家に来て1年

この日、ハル&マコが我が家に来て一年が経ちました。
引き取った時に保護施設で買ったキャリーバックで記念撮影。
現在ともに1歳4ヶ月。人間でいうと19歳ぐらいですかね。

DSC_1249n


こちらは昨年ウチに到着した時にカミサンがiPhoneで撮った画像。

20151017


ハルの比較。それなりに違いはわかりますが...

HAL


DSC_0325


マコの比較。こちらはわかりやすい。明らかに大きくなってますねw。

MACO


DSC_0929

食いしん坊のマコは肥満気味になりまして、夏からダイエットフードにチェンジ。
それなりに効果は出ています(汗)。


DSC_1229n

このキャリーバックはそろそろ元の保護施設に寄付する予定。
次の新しい出会いに利用してもらえればと思っています。


個人的にさまざまな事を経て2匹を迎え、この一年を噛み締めてきましたが、
モリは20年生きてたんだよな... そんな感慨にも改めて浸ってしまいました。
ハル&マコの末永い健康を願い続けます。

halmaco-n














edashin117 at 11:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)モリ/猫 

2016年10月15日

[161008−10]石川県親戚巡りツアー

先週の三連休にようやく亡父母の故郷・石川県親戚巡りに行ってきました。
たぶん25年ぶりぐらいの金沢駅(下の画像)。
DSC_0307

前半は雨模様が多かったものの、墓参りするタイミングではうまく晴れてくれまして、計3箇所を無事に済ませることができました。さすが晴れ男自分w。

今回会ったのは、両親の弔問に来ていただいた2人の叔父夫婦をメインに、ほぼ初対面に近い従兄弟(年齢差が大きい)計5人。父の元中学同級生にまでお会いできるとは想像してなかった。とはいえ、病弱な叔母(母の妹)とその従兄弟には会えず、玄関に手紙を挟むだけにとどまりました。一番気がかりだった行方不明の従兄弟(ひとつ年下)はやはり会えずしまい。残念だった件はいくつかありましたが、非常に有意義な旅だったと思います。

IMG_6438


実家兄弟は姉姉父弟弟の計5人。親戚のほとんどがあちらにいるため、これまで僕はろくにみんなと親交はありませんでした。
長男の父がなぜ東京に来たのかは死後になって知ります。本当は自分があの実家を継ぐはずだったのかもしれない(汗)。父の生き方は弟2人にいろいろと影響があったようですが、そのへんの話は極私的なので割愛(苦笑)。姉方の従兄弟含め、皆さんのその後の生き方に触れつつ、またこの歳になって初めて会ったり聞いたりに思うこと多々ありました。こういう経験もまた人生の妙味なのかなとw。今後の自分に価値を感じる一方、ふだんの日常と意識のギャップがありすぎるので、精神的に疲れてしまうことも多いですね。
2枚目の画像は父実家のあった土地に近い先祖の墓地。

















edashin117 at 00:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)行事/旅/イベント関連 

2016年09月23日

[160923]あれから5年 今年もある友人を偲ぶ

9月11日の命日から10日後に発見された友人を追悼。
毎年夏は仕事が忙しく、今年も大詰めの時期でしたけど、日常のどこかで彼を偲んでいたつもりです。

IMG_7160


仕事といえば、とくに亡くなった年の夏は人格破壊的に忙しく、その頃の彼がどういう心身状態だったのか気にとめる余裕はまるでありませんでした。あれから毎年この時期に同じ仕事で過ごしていると、当時の彼について思い巡らせてしまいます。
画像は2007年9月16日、彼が住んでいた駒込のマンション部屋で撮影したなかの一枚。じっと見つめていると独特のボソボソ声が脳内でよみがえりますね。
ひとまず今年でこの時期彼を偲ぶ記述には、区切りをつけようと思っています。

















edashin117 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

2016年09月22日

[160922]第94話 忘れたらこんな罰w〜今年もあった夏の定番

2016-09-22ようやく仕事が落ち着いたので、こちらの更新をひさびさに。
毎年夏から9月の中旬ぐらいまでは担当させられる仕事の関係で忙しい会社生活でして。
ひと頃のように泊まり+朝帰りはありませんでしたが、残業・休日出勤の毎日で日常生活もスサむばかり。生協で買ってある箱ビールを冷やすの忘れるなんてぐらいは、毎年よくあることで(苦笑)。もちろんカミサンが補充してくれるときもあるんですが。
実は、いま猫なみ劇場の製作などに使用している初代(!)Macminiが不安定でして、最新miniの購入を検討中。必然的にソフトやタブレットも一新せねばならず、次回から新環境で更新するかもしれません。
しょうもない小ネタと近況でやんした...


→ 枝枝新報 本館・猫なみ劇場


















edashin117 at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)猫なみ劇場 

2016年08月15日

[160814]ハル&マコの首輪と防災バック

最近のハル&マコ画像です。
1歳誕生日を過ぎたタイミングで首輪を付けてあげました。名前と携帯番号の入ったプレート付き。そして防災用キャリーバックも到着。病院行くときにも使います。

最初はひさびさに撮れた喧嘩の画像。夜中に突然取っ組み合いになる事があります。

2016-08-13 11 18 33


2016-08-13 11 18 55


2016-08-13 11 20 11

実はマコが肥満気味なので今日からダイエットフードにしました(汗)。どのくらいで効果がでるのかしばらく様子みです。


2016-08-13 11 26 12


2016-08-13 11 21 44


2016-08-13 11 26 30


*   *   *

続いてここから下が防災バック。2種類買いました。

2016-08-15 0 00 30


2016-08-15 0 01 09


到着後は馴染ませるため部屋に放置。バケツ型の方は2日間ほど僕のシャツを入れておきました(笑)。知ってる人間のニオイがつけば抵抗感も薄れるのではと。下の画像2枚は自分で入った時のです。

2016-08-15 0 02 44


2016-08-15 0 02 02


そのうち人間の防災用荷物を仮揃えして非難訓練を予定してます(苦笑)。
いやいや苦笑してはイカンですね。重要重要。






edashin117 at 00:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)モリ/猫 

2016年08月07日

[160807]第93話 どんなふうに思い出すだろう

titisannkaiki父の三回忌法要を先週7/31に終え、画像は8/3の命日夜に撮ったものです。ネタ用に撮影。
生前元気だった頃、晩飯時の父はずっとこの質素なスタイルがおなじみでした。あんまり好きじゃない酒だし、2年も前のボトルなんですがw、こういう時ぐらいはと。

父といえば遺品パソコンで作った日常記録の印刷物に「我が家には未来がある」などと綴った文章がありました。僕がカミサンと籍を入れたり、妹夫婦の姪っ子がチビだった時期にあたり、まあ、親としては平和な頃でしょう。2年前、遺品整理をしながら、自分にとってそう思えたり、振り返ったりする事について考えてしまいました。この場で過去についてはさておき、現在はどうかというと、引っ越し後まだ一年で鮮度は保ってるしw、とりあえず猫二匹も元気だし、後年カミサンと懐かしむことのできる時期かもしれません。まあ、健康面・仕事面等々問題も多いので幸福度ランクをつけるつもりはないですが。だいたい今後明日はどうなるやら。本当に何があるかわからない時代です。夫婦で自宅飯を食べるたびにお互いの無事を噛み締めたり。ある意味ビクビクな生活。

今回の更新はあのポケモンGOなノリでw。この時代らしい色んな可能性を持ったゲームかと思ってたのに、ブーム的にはすっかり下火とのことで...。

→ 枝枝新報 本館・猫なみ劇場


















edashin117 at 19:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)猫なみ劇場