2016年07月12日

[160712]ハル&マコの誕生日祝い

先週の話になってしまいましたが、ハル&マコ1歳の誕生日祝いを7月7日夜に。

HAL+MACO-n

お世話になった里親施設によれば昨年の7月上旬に生まれたそうで、わかりやすく七夕の日にしようと決めていました(笑)。
昨年の今頃は、新居でどんな猫が来るかなあ、なんて考えながら荷造り準備をはじめた時期でしたね。あれからもう1年が経過したんだなと。
ともあれ無事に祝えて何より。今後も二匹と末永く生活でれきればと願っております。






















edashin117 at 21:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)モリ/猫 

2016年07月11日

[160711]第92話 そうなる前に頼んでみる

megane-edaまたまた遅まきながらで更新のお知らせ。
3月に専用の老眼鏡を買って以来、メインの眼鏡(一応遠近両用)との2本生活。
ときどき出勤前の支度や会社での退社時に忘れそうになります(汗笑)。
眼鏡の切り替えはめまぐるしい方ですけれども、日常モニター画面にむかってる方が多いし、どちらかといえば、使用合計時間は老眼専用の方が高いか。なので、こちらがないと仕事の効率度はかなり違うでしょう。メインの方でも一応大丈夫なのですが、3月に交換したレンズは、遠近の境目の縦レンジがモニターに向う視界角度に合わないため不都合に感じるという.... やむなく専用を買ってしまったわけです。

[車掌がコンタクト忘れ列車運休、佐賀のJR長崎線]

先日ネットで知ったニュース。人への迷惑度は違いますが忘れたら困る困る。つい何度もカバンにしっかり入れたか?っつー指差し確認しております。

画像:眼鏡ホルダーは意外と大事。これは自宅ので同じメーカー製のが会社にも。
ホルダーにさしてあるのが老眼専用。

→ 枝枝新報 本館・猫なみ劇場


















edashin117 at 23:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)猫なみ劇場 

2016年06月11日

[160611]猫タワー

画像は先週6月4日に到着した木製猫タワー。

16-06-11 18 56 13


16-06-11 18 56 54


最初商品を開封にしたとき、天然杉の香りが心地よかったですね。
伝統的な木造建物を思わせる作りで、まさに職人技術。
猫にここまでスゲー的な感動がありました。
やや高い値でしたが、買ったかいあったなと。
ところが、何と二匹はほとんど無関心(涙笑)。
3日経っても状況変わらず、これは何とかせにゃ思案。東急ハンズでロープを買ってきました。
ご覧のように巻き付かせたら、興味を持っていただいたようす。

16-06-11 18 58 13


巻き方はそのときにより様々。
頂上にぶら下げといたカーミットが、しばらくすると床に転がってたり。お、楽しんでるみたいと(微笑)。
しかし、目的がないと登ってくれないのかな。ま、そのうちじょじょに。
たぶんめでたしということで...
猫にトラブルないよう巻き付けには気を遣ってます。

商品が気になる方はこちら(▼作成マニュアル:かなり親切)で検索を。

16-06-11 22 09 38



edashin117 at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)モリ/猫 

2016年05月07日

[160505]第91話 猫11〜モリの思い出

201204mori_n

ここ数年の4月末〜5月は猫なみもモリ追悼に合わせた更新を続けていましたが、こういうカタチではもう区切りをつける頃かなと考えています。
「思い出をツボに」といっても別に封印という意味ではありませんし、たまにカミサンとは「モリは○○○だったよねえ」なんて会話に出てきます。

201605hal+maco


ハル(下画像 左)&マコ(下画像 右)にしてみれば、自分たちが生まれる2年以上も前に亡くなった婆さん猫のことなんか知らねーよって感じでしょうね。人間歳に換算すれば、確かにどうでもいい昔のことになるか(笑)。
モリのときとは異なり、ハル&マコも10〜15、20年と生きてくれれば、その年月は僕らも老いてゆくわけですが、2匹はまだ10ヶ月程。みんなどうやって歳をとってゆくのやら...


→ 枝枝新報 本館・猫なみ劇場













edashin117 at 19:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)猫なみ劇場 

2016年05月03日

[160423-0501]モリ追悼企画

先日の命日にあわせた更新に続いて、後日報告を毎度遅まきながら。

mori1604-5-02N


今年からモリ命日はハル&マコも一緒ですし、今回は特別にエンジョイ企画(微笑)としてネットの友人でもある元祖猫商 丸山商店さんで注文した肉球フィニャンシェという焼き菓子(紹介リンク後述)をカミサンと食べました。


mori1604-5-03N


黒猫ストラップとパッケージの配色が素敵ですね。そして、こだわり素材の肉球も評判通りで美味しくいただきました。
ウチのブログでこういうノリはめずらしい。たまにはいいでしょう(笑)。

***

開封するやハルがまっさきに現れまして、続いてマコも。

mori1604-5-05

mori1604-5-04n


味はブレーン(▼画像2番目)、チョコ、紅茶(アールグレイ)の3種。

mori1604-5-06

mori1604-5-08


僕は紅茶(▼画像)が一番好みでしたね。

mori1604-5-10

mori1604-5-09


***

食べ終わっても箱はそのままモリの棚に置いてあります。

mori1604-5-12n



で、現在ストラップの方は居間のドアノブに。

mori1604-5-11





→ 肉球フィニャンシェ紹介
→ 猫雑貨・猫グッズ専門通販店 元祖猫商 丸山商店

edashin117 at 20:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)モリ/猫 

2016年04月24日

[160421]三度目のモリ命日

160421mori-n

あれから3年。引っ越したのでひと頃のように感傷的にはならず、夜のあの時間はハル&マコ、カミサンと和やかに過ごしてました。本当なら今回の画像、新2匹も一緒にしようと考えていたのですが、やはり落ち着きなくてですね、良い画が撮れそうにないしと結局まっとうな感じに(苦笑)。右の瓶はずっと箱に仮保存していたモリの遺毛です。
悲しい日々を経て、いまはモリとの思い出をうれしく懐かしく感じられるようになった気がします。2匹のおかげでもあるでしょう。



edashin117 at 15:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)モリ/猫 

2016年04月17日

[160417]『吾輩は猫である』関連

wagahaineko

TDV25395D先日、市川崑監督の『吾輩は猫である』を30年ぶりにDVDで鑑賞。以前観たのはテレビ放映でした。少し前に都内の生誕100年記念映画祭などで劇場鑑賞の機会は何度かあったんですけど、今回はDVDで。当時、上画像の会話シーンの映像カットに大変刺激を受けまして...って、何がどうなのか、静止画像1枚ではピンとこないか。所属サークルで製作した8ミリ作品に似たようなシーンを取り入れた(つもり)ほど好きなシーン、というか、こんな映像を自分でも撮りたいから作ったと言っても過言ではない。しかし、作品自体はただの自己満足な失敗作でした。
そんな僕の思い入れはともかく、確かにここでの映像感/人物のしゃべりの切れ目をずらした独特な編集は印象的で、特典映像『市川崑監督の編集テクニック』の目玉として、チーフスタッフ長田千鶴子氏が苦労話を語っております。監督はこうした編集作業には相当気合いを入れていたとのこと。当時感じたインパクトをこういうエピソードを交えて追体験できたのは嬉しかったですね。
奇しくも漱石没後100年企画として小説『吾輩は猫である』が朝日新聞で4月から再連載されており、購読者の僕は毎朝読むのを日課にしております。新聞切り抜き用のノートまで買ったりして、我ながら今どき地味な年配嗜好だなと。黒猫偏愛を貫きたいっつー意地もあったりw。いつまで続くのやらですが。

nekonote


→ DVD『吾輩は猫である』(監督:市川崑)
→ 朝日新聞デジタル 特集『漱石没後100年 吾輩は猫である』
→ 「吾輩は猫であるノート」発売中 連載切り抜き、2冊で












edashin117 at 15:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アート関連 

2016年04月16日

[160416]熊本

ファイル 2016-04-16 19 28 49

被害の映像をみるとやはり3.11を思い出します。東北に比べれば深刻度違うし、熊本とは別種の状況ですが、地震の恐怖は映画やドラマでない圧倒的な現実体験でした。
今のところ友人知人その親類関係はみな無事で何より。とはいえ、今後も現地は警戒が必要でしょう。
悪質なデマ・ツイートへの怒りや原発批判も確かにうなづけますが、やはり今は被災地と被災者の生活について考えることが第一。ともかくわずかばかりの義援金を赤十字に振り込んでみました。いま多くの方が考えている“自分なりに出来る事”ですかね...











edashin117 at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

[160412]第90話 手袋物語

DSC_0082

この冬、仏壇を乗せるのにちょうどいい洋服棚を買ったのですが、それにともない所有してる衣類などを整理しているうちに、無くしたと思っていた手袋が次々出てきまして、今のところ5組(苦笑)。だからどうしたっつー、どうでもいい話か。
ちなみに肝心の仏壇は諸事情ありまして、購入時期が大幅にずれ込むことになりそう。とりあえず現在は、猫のくつろぎスペースになっています。

→ 枝枝新報 本館・猫なみ劇場









edashin117 at 19:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)猫なみ劇場 

2016年04月07日

[160403]花見2016(地元+靖国)

昨年夏に越してきて初めての花見。あいにく天候は今イチでしたが、いい桜を堪能することができました。区内でも有名なスポットの一つらしい。とにかく見事なソメイヨシノです。

DSC_0091


DSC_0096


続いて地元武蔵関公園に。自転車で来れば5分内着。ここもようやく最近来たばかりです。野鳥観察でも知られてるとのこと。この公園はけっこう気に入っておりまして、そのうちまた改めて何か記そうと思っています。

DSC_0172


DSC_0143


DSC_0118


DSC_0140


DSC_0134




夜はカミさんと待ち合わせておなじみ靖国方面へ。

DSC_0205


DSC_0210


DSC_0209

   ▲ここは毎年お気に入りの場所










edashin117 at 00:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常