2006年02月17日

[060212]このマンガは少々きますね

f3fc83f1.gif帯のコピーですでにヤバくてですね。
マンガ読んでボロボロきちゃったのは『自虐の詩』以来でしょうか。
ジャンルが何であれ、この手の内容はもろに作家性が問われちゃうものですが、本作ではなかなかよいスタンスを感じさせます。興味ある方、電車では読まないように。
▲BLOG枝新▲

edashin117 at 01:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月28日

[060126]ITMSはそれなりに

1594443c.jpgiTuneにディスクを取り込んでいると、ITMSが認識して、そのディスクの関連モノを紹介してくれます(アマゾンと似てる)。昨年からどこにもなかったステレオラブのmaxiシングルを発見したので買いました。このグループはちゃんとCDで欲しいのだけど、とりあえず仕方がない。それほど頻繁に利用してる方ではないんのですが、最近では勢いでストラングラーズの旧譜を買っちまったり、出不精+めんどぐさがりの僕をときおり衝動的な行為に向かわせます。数年後にはどうなってしまうのやら、iTuneライフ。
そういえば先日ジョブズがディズニーの筆頭株主になったというニュースは衝撃でした。iTMSは映像も巻き込んで、さらにスゴイことやらかしそうです。
〈画像〉音データ買うとジャケット画像も入手できてプリントできてしまう。最近知りました。便利な世の中です。
▲BLOG枝新▲

edashin117 at 16:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月21日

[060114]のうしんとう

eee3f24b.JPGエンターテイメント全般に言えることだろうけど、その場にいなきゃわからない良さがありましょう。
この日、体験した『のうしんとう』という名古屋ではコアな存在のダブバンドもまさにそんな感じでして、普段ダブ・サウンドに接する機会のない僕は「なるほどそうだ」と実感した次第。あの手独特の浮遊感に、ラフ/ルーズ/ジャンキーなギターとリズムが気持ちよかった。...なんて文字にするとかなりつまんない感想。。。でも、円盤オーナー・田口氏いわく「今回のイベントは彼らを東京で見せたいためにやったようなモノ」のお言葉も納得のライブだったことは確かです。
残念なことに公式なアルバムリリースがないとのことで、10枚限定(笑)のCDRも即完売。やっぱりなあ、と物販ブースで仕方なく(か?)買ったのが画像の人形。The Shaggsのアレですね。
▲BLOG枝新▲

edashin117 at 15:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月14日

[060109]大相撲初場所

4c688bcb.jpg両国国技館マス席B。
4人マスにガイジン3人。お気の毒の図を。
実はもうひとりデブいのがいたのだが物理的に無理(涙)。
ちなみに隣の2人マスが僕らです。
▲BLOG枝新▲

edashin117 at 02:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月11日

[060107]インターフェロン

860848db.jpgインターフェロンとはウィルスの勢力を弱める薬剤です。今後、月一で注射を続けて回復させていこうと思っています。半年を目安に、まあ1年で済むかどうか。ちなみにこの日一発目は8,000円(!)。二発目以降は割安になるとのこですが、まあ決して安い治療費とはいえません。いやいや問題はそうではなく...
実は、実家の父親がC型肝炎の治療でインターフェロンを毎月注射していた頃がありました。効果の強い薬で副作用もあるため、しんどい時期があったそうです。(その甲斐あってかなり回復しましたが)。猫のインターフェロンだと、どんなことになるのやらとしばらく迷っていたのです。
で、とりあえず一発目後。これが意外にも大した変化はなく、効いてるのか別の意味で心配という(苦笑)。とにかく数ヶ月はモリの体調には要注意。なにしろ老猫(13歳)ですし。
画像は今年の正月に撮影。エビス黒のはいったグラスと。
▲BLOG枝新▲

edashin117 at 00:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月22日

[051219]漢字暦は何ヶ月も...

9d010e01.JPG白川静氏については本館の日記で何度か話題にしてきました。
主に甲骨文字・金文の研究家として有名な方です。
もちろんその歴史・思想は非常に興味深いのですが、僕は何より字形自体に強く惹かれています。
カレンダーの上段は、様々な漢字の解説文があります。内容的には氏の編著作『字統』『字通』『常用字解』がベース。月別にいろいろなテーマに沿ってうまくまとまっているので、ふと読めるとっつき易さがあるんですが、それをまとめて読むんじゃ意味なかろう(汗)という。しょうもないすね。。。
ちなみに画像(矢印)は『雲』の元字(甲骨文字)で、僕が気に入っている文字のひとつ。雲に隠れた竜の尻尾が描写されています。

▲BLOG枝新▲

edashin117 at 03:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月16日

[051213]第三の目覚ましに

就寝時間は深夜2時半から3時の間。起床は7時半前後。
忙しい時(というかたいてい)の僕の生活はこんなです。決して十分な睡眠時間とは言えますまい。当然朝はツライ。
そういうわけでMACを使い、目覚ましをひさびさに3段階に増やしました。
OSXではマシンの起動+終了が設定できるのは知ってましたが、i-Tuneにある特定の曲を目覚まし代わりに使えると知ったのは最近です。セッティングは簡単。登録してあるMP3ファイルを選び、起動項目にドラッグするだけ。
僕の3段階起床法は、まず最初に7時に普通の目覚まし、続いて20分後にマックのi-Tune、最後10分後にPHSの目覚ましセットという流れ。
これでとりあえず何とか起きることができます。(ホントはこれでもまだボケボケ状態という)
▲BLOG枝新▲

edashin117 at 01:35|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

[051211]ピクシーズ追加公演を観...

092d453d.jpgそもそも6日に行けない可能性があってゲットしたこの日の追加公演。結局2回とも楽しめましたけれど。
画像は会場の新木場スタジオコーストの入り口付近にて。映画やテレビなどで目にした70年代の劇場やらを思わせる渋さ。
▲BLOG枝新▲

edashin117 at 01:25|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2005年12月05日

[051128]リメイクされるべくして

7996ba71.JPGリメイク情報って夏にあったんで世間的には今さらな話題かも(汗)。
『日本沈没』といえばやはりTV版です。放映は今からほぼ30年前。
山や街が次々と沈んでいくあの特撮がたまらず、毎週エキサイトして観ていたものです。
あとやはり由美かおる。啓介&唄子のしょーもない漫才演技もなつかしい。
今ではDVDシリーズは全巻、我が家の棚に収まっております。
しかしこの番組、メディアで熱狂的に語られたことがあったでしょうか。友人知人に話しを振っても、反応はさっぱり(僕もそんなコアなファンではないですが)。特撮的要素はともかく、まあ人間ドラマとしてはさほど斬新性感じられなかったし、出演陣や主題歌(五木ひろし)など、掴みのいいカルト的要素も少なかったですからね。
しかし何かと社会不安が増すご時世で、いよいよこの番組にも順番がまわってきたという。いつかは来るだろうとは思ってました。
リメイクは映画らしいですが、僕はテレビシリーズ独特のじわじわ迫る危機感に惹かれたので、2時間そこらでどういう見所を仕込んでくれるのか。当時の映画版も観たことはあるんだけどあまり印象に残ってません。(というかほとんど覚えてないので観なおすべきか)。
ともかくどんなものになるのか、一応気にとめております。
▲BLOG枝新▲

edashin117 at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年11月27日

[051125]後から「ありゃりゃ」

fa248ad2.JPG買った理由のひとつが、仕事場で夜ひとりになったとき使えればという(涙)。元からあった会社のスピーカーがイカれてたし。仕事生活にiPod生活。
それにしてもこれ、リモコン対応してるのは曲順の前後操作と音量だけで、 DISCのセレクションができないのです。別のに変えたい時はiPodを本体からハズして操作せねばなりません。ちょっと残念というかダサいかも...。しっかりリサーチすべきでした。でも音は見た目よりもいいです。
※nanoはもともと規格想定外なため接続部分がぐらつきます。現在、無料の専用アタッチメントを取り寄せ中。
▲BLOG枝新▲

edashin117 at 21:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)