2006年11月

2006年11月29日

[061125]Galerie412

223567d7.jpgこちらでベン・シャーン展がありました。
入って正面にあるのは同潤会アパート時代のドア。
スケッチ画を中心に20点ほどを展示。版画以外は全部未発表とのことで、いつもよりじっくりと眼に焼き付けて参りました。なかには10万ちょっとの値がついてるのもあって、その気があれば買えたか(買わない買わない)。
それにしても表参道ヒルズ自体は、自分と何の接点もなかったな。前の通りは通勤時間の高田馬場駅状態だし、もーうんざり。
▲BLOG枝新▲

edashin117 at 23:54|PermalinkTrackBack(0)アート関連 

2006年11月19日

[061116]独特の吸引力を

deae59ce.jpgカミサンのソロについてはこっ恥ずかしいのでコメント控えまして、この場では主催者のTASKE氏。妙に心動かされたましたね。
2ユニットに出演してたのですが、それぞれが独特のコンビネーションで面白かった。とはいえ、例えるならB級/LOFiで人によってはどうか?なパフォーマー。強くおすすめはできないかもしれない(汗)。
ステージングといいMCといい、全編、対人恐怖症的ぎこちなさがあるのですが、下手云々ではなく、数多くのステージをこなしてきたと思わせる(←実際そうらしい)演芸に感じました。何より自分らしさを自覚してる、表現欲求がみなぎっている。なんかもうネイキッド。
似た印象はダニエル・ジョンストンの映画でも感じたけど微妙に違う。というか音楽的な趣味の問題じゃないですね。分析的な感想も野暮ったい。
後日関係者には「このまま末永く活動を続けて下さい」とメールで感想を述べておきました。
▲BLOG枝新▲

edashin117 at 12:41|PermalinkTrackBack(0)音楽 

2006年11月13日

[061109]地震で落ちても大丈夫

1995aec4.JPG新棚買ってから友人何名かに「けっこう片付いたでしょう」と言われてますが、まだどうなるやらわからない。
我が家は収納力が低く、とくに押し入れのないカミサン部屋は、ここ数年深刻な状態に陥っておりまして、彼女にスペースを譲るため、居間と押し入れにある自分の所有物のほとんどを撤退させ、自分の部屋に収納させる計画なのです。天井が木製なため、上までつっぱる棚にすることができなかったわけですが、洋服箱などを上に積みまくってスペースを埋めてしまおうという。押し入れよか衣替えの整理するの楽になるし、悪くないアイデアかと。ただ幅が計2m近くあるので、他には何をどう乗せるか。画像はまだ箱を買ってないんで仮イメージ。
▲BLOG枝新▲

edashin117 at 02:18|PermalinkTrackBack(0)日常 

2006年11月08日

[061106]Golden Eggs

e56d0d81.jpgふだんテレビをほとんど観ない我が家二人が、偶然にハマった番組。
出会いは今年春のとある夜。カミサンと飲みながらCATVのキッズステーションをつけていたらたまたまオンエアしており、あまりの馬鹿馬鹿しさに大ウケ、程なくして既発のDVDをネット買い。現在にいたります。
とにかく、下記リンクをご覧くださいませ。事前知識はそれからでも。まあ独特のクドさがありまして、当たりハズレもあるかと思いますが。そんな落差も破壊的な魅力としてリスペクト。
http://www.youtube.com/watch?v=t3TmWWY8myU
http://www.youtube.com/watch?v=R5iOqE5PRz8
http://www.youtube.com/watch?v=4417w-3MJA8
公式サイト
紹介+DVDインフォ

▲BLOG枝新▲

edashin117 at 01:57|PermalinkTrackBack(0)カルチャー関連 

2006年11月03日

[061101]白川静氏の訃報

ad10a75a.JPG先日の日曜に新しい本棚の整理をしてまして、「やはりまず」と即座に手に届く位置に並べたのが、『常用字解』『字統』でした。その翌日にお亡くなりになったとは。
白川氏の著作なくして甲骨文字や金文のイマジネイティブな魅力を知ることはできなかった。数々の偉業をどれほど理解してるか定かではありませんが、深い感謝の気持ちでいっぱいです。
古代中国漢字の起源に「神と死」は重要な要素のひとつでして、それを知り尽くしてる氏は、己の死の直前に何を思ったのだろうか。遥か昔の古代文字・それを伝えてきた王朝貴族と同様に、白川静氏も歴史として語られる「魂」となったのだな...。などと、ぼんやり考えてしまいました。ふだんこういう宗教的な思いにかられることはないんだけど(苦笑)。画像は白川静監修の漢字暦。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
▲BLOG枝新▲

edashin117 at 00:52|PermalinkTrackBack(0)アート関連