2007年01月

2007年01月28日

[070122]こういう対象を強く恐れる人間

b0e23ae5.jpg巨大な物が怖い。
これまで身近で理解された経験がなかったので、ネットであのようにカテゴライズされてることに驚いた。しかし、閉所恐怖症や高所恐怖症のようなネーミングが公式にないということは、まだ認知度が低いのかもしれない。山やダム、鉄塔に恐怖を感じるのは、不思議といえば不思議だろう。それも微妙に惹き付けられもするのだから複雑な心理である。見たいという衝動が収まらず、見ると気絶しそうなくらいの危険信号を全身に感じるのだ。
エジプト観光の時も、第一目的のピラミッドを訪れる前は心配だった(40万近くもハタいて何っつーバカな)。
とにかく僕と交友関係にある方は、個人情報としてぜひインプットしていただきたい。ちなみに下のリンクが恐怖サンプル。
満々と水を溜めた巨大ダム
巨大地下空間
霧にぼんやり浮かぶ原子力発電所
氷山  →  →竜巻

画像は、エジプト・ジェセル王の階段ピラミッド(これは怖くなかった)
▲BLOG枝新▲

edashin117 at 00:51|PermalinkTrackBack(0)日常 

2007年01月04日

[061229]好きなだけ拝めます

5db5778d.JPGシルヴァーナ・マンガーノ。出演作全部を押さえてるわけではありませんが、好きな女優の一人。この映画『家族の肖像』で彼女は非常に魅力的な演技をしています。
役柄は強情で鼻持ちならない右翼系ブルジョア女性・ビアンカ夫人。実在していれば自分とは何の接点もなし、むしろ嫌悪の対象だろうにどうしてどうして。理由をうまく説明できないんだけど、この目つき、化粧から漂う退廃的なムードに惹かれてるのは確かでしょう。
▲BLOG枝新▲


edashin117 at 16:39|PermalinkTrackBack(0)映画