2008年01月

2008年01月21日

[080118]won't get fooled again

12446692.jpgたまにはこういう話題も。
製紙会社による古紙配合率偽装には多くの「偽」系よりも不快でなりません。
人命は直接関係ないですがそういう問題でなしに、これまでになく生理的に感情が動いております。
たぶん自分のいる業界と関連しているからというのが大きな理由でしょう。加えて、体裁よくエコロジストを装った文字通りの偽善行為という点。こういう大手の事件は組織構造的な問題があるから、納得できる究明/解決などあるわけない、完全なエコシステムがないのも同様。謝罪は当たり前だけど、今ってこういう連中に謝られるとかえってムカつく時代です。社会から個人まで、色んな階層ではびこる「偽」や「嘘」。真剣に考えてると気が滅入りますね。
画像下のロゴマーク。職場にアウトラインデータがあってたまに使っています。
▲BLOG枝新▲

edashin117 at 01:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

2008年01月20日

[080116]MacBookAirの時代(更新版)

9573d79c.jpgまたしても賛否両論の新製品。僕のまわりでベタ褒め即ゲットという者は見当たりません。Appleの先進性を認めたうえで、やはり疑問視されるのは実用面。

このマシンの真価が発揮されるのはおそらく来年以降でしょう。FirewireもEthernetも標準でつなげられないなんて早過ぎです。今の自分の日常環境で所有するメリットはありません。まあ、同じ人はかなり多いはず。Appleにしてみれば、今回のExpoでは「Thinnovation(薄さ革命)」を物理的に宣言した段階にすぎず「お楽しみはこれから」といったところだと思います。個人的にはあそこまで薄いの望んでないんだけど(というかもうひとまわり小さくしてほしかった)、要は薄さのなかにあるワイヤレス環境やSSDの可能性ですか。そこへ恐怖の初期ロットを買う先陣たちが、革命を世間に知らしめる役を担うわけです。ちなみに僕は、彼らの情報をリサーチして購入を検討する第2陣、ですか。ほんとに買うつもりなのかと? まだわかりません、現物みないことには。しかし、買ったらやはり初代AirMacは使えない?など諸々心配。散財間違いなしです。

→国内初披露MacBook Air

▲BLOG枝新▲

edashin117 at 11:57|PermalinkComments(1)TrackBack(0)Apple/Macintosh 

2008年01月18日

[080114]相撲茶屋 寺尾

d4d0bce8.JPGたまにはごきげんなグルメ日記でも。
大相撲を見終わったあと「相撲茶屋 寺尾」でちゃんこ料理を食べました。
お店詳細は下のリンク参照。
両国国技館から割かし歩く場所なのでこれまで敬遠してましたが、今回ついに行くことになりました。
あいにくこの日はカミサンが風邪気味であったため遠慮がちに注文。
評判のコースはまたの機会で、今回はしょうゆ味ちゃんこ+魚つみれにしました。

濃い目の汁が典型的な関東系って感じでそれも甘い味つけ、これが野菜と肉のダシでさらに濃くなり、締めのうどんがかなり旨かったです。カミサンに気を使って遠慮したけど、第二弾で雑炊もいけたな。というか、もっとトッピング注文してればスゴいことになってた。文字通り最後まで食べ尽くせる味でしょう。好みの味噌ちゃんこがどうなのか気になるところ。
お店本来の味は十分体験してなかったろうけど、僕的には好印象でした。
ただし、店員さんのゆとりの無い応対は、意見の分かれるところでしょう。まあ、そのへんは妥協できる点ですけど、あとやっぱ場所が遠いかも。。。
ちなみに、これまでのベスト店は、夫婦ともに「ちゃんこ巴潟」です。
●相撲茶屋 寺尾  ●ちゃんこ巴潟

▲本館・枝枝新報▲


edashin117 at 00:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)グルメ/酒など 

2008年01月14日

[080111]再結成 NON BAND

184f9bf4.jpg1/11、東高円寺UFOクラブにて。
僕は残念ながら80年代初期の活動をリアル体験してませんで、思い入れといったものはなかったのですが、とある縁から近年何度かライブを観るようになりました。今回はとくによかったと感じています。
2008年一発目のライブ観戦として嬉しい文句なしの素晴しさでした。他のお客さん達も相当満足して店を後にしたことでしょう。

活動再開や再結成のニュースが今や珍しくない音楽界で「円熟味」や「未だ健在」など、よく語られがちな単語があります。それを肯定しつつそれを超越し様々な感情がよぎった夜でしたが、ようするに、何らかの志と魂を込めた創作は人の心を揺さぶるという、極当たり前な結論でした。それもテンパった思いはなくてですね。 NONさんとはこの日ゲスト出演したカミサンを通して、プライベートな一面も何度か拝見しており、“生活”と地続きな音楽意識を感じることができたからでしょう。
とにかく年頭から体調すぐれない身としては、ずいぶん栄養もらった気がします。
よっぽど感動したんだな、エディ。で、そのライブ観た自分はどうなる? 本気で人生を? 本気で仕事するとか?(苦笑)
とりあえず、帰宅直後に思わず爆音でニール・ヤング聴きました。

その日は2部構成で、1部ですでに大満足だったのに、2部もまた脳天直撃でして、 NON+吉田達也+灰野敬二による超絶音楽格闘技。ひさびさの生灰野氏、やっぱスゴ過ぎでした。


http://www.eater.co.jp/non/non.htm
http://nonband.exblog.jp/

▲BLOG枝新▲

edashin117 at 12:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽 

2008年01月03日

[080103]本年もよろしくお願いいたします。

6284606a.jpg元日から体調崩してまして...。念のため二日酔い系ではないです。

三が日丸々は侘しいので、ネット系の挨拶+年賀状投函をはじめております。
年賀状作成は毎年好例の個人イベント。
デザインは本館HOMEにアップしたのが基本ですが、色少し多めで紙質上かなり印象違うと思います。
さっき投函したので、しばらくお待ちください。
つきなみですが、健康第一を実感している正月です。

  *  *  *  *  *  *   
画像:ちゃんちゃんこ姿のモリ。お辞儀してるわけではありません。不機嫌なだけです。
本年から正式にBLOGも単独更新するようにします。
昨年までは本館日記の補足解説が中心でしたが。

▲BLOG枝新▲


edashin117 at 15:14|PermalinkTrackBack(0)行事/旅/イベント関連