2009年02月

2009年02月28日

[090223]年度末のエディ

7f1529d3.jpgひさびさに怒濤の深夜残業、朝帰り3連ちゃん。
仕事では、職場の健康管理を扱う書籍や研修本を担当することが多く、これが動いてるときになぜか別のもバッティングして激忙状態になるのです。「職場のストレスや悩み」「仕事場でもできるストレッチ体操で気分リフレッシュ」「快適な職場生活」なんて単語がとびかう書籍のDTP制作を、連日深夜2〜3時にやってるのは情けない話です。飲みの席では笑いのとれるネタですが。
ちなみに、今回の作業BGMは、Perfume、相対性理論、Nick Drake、The High Llamas、はっぴいえんど等が中心でした。
で、まったく関係ない画像はうちの部屋の壁。最近、とあるなりゆきでユニバーサル・デザインについて調べてまして、昨年この展示に行ったり関心ある分野ですが、先日ネットで資料本買ったら付いてきたカレンダー。今年の買ってなかったのでありがたや。貼りっぱなしだった昨年の白川静漢字暦をようやく外せました。UDについては思うことあるのでいずれBLOGに記すかも。

▲本館・枝枝新報▲

edashin117 at 17:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

2009年02月22日

[090221]ハイ・ラマズ@町田・簗田寺

bf54569a.jpg初来日以来10年ぶりに観るThe High Llamasはお寺が会場。
彼らだけはどんなに気分体調が悪くても聴くことができます。
世間では相変わらず気の滅入ることが多いなかで、このバンドのサウンドは自分の日常ペースで必要なBGMになっていました。2007年に出た最新作ももちろん傑作。

場内には手製のフードコーナーがあり、僕は味噌田楽とお湯割り芋焼酎を注文。この時点ですでに幸せに浸り、おかげで場所取りに遅れたのですが、なんとかステージのほぼ真横をキープ。個人的に演奏者の横顔というのは絵的に好きなのでそれなりにラッキーでした。
どの楽器も出過ぎず絶妙のアレンジで、しかも一般の会場にはない生々しさがたまらない。
お香のたちこむなかで響く、バンジョーやヴィブラフォン、ハモンドオルガンの心地よかったこと。
アンコールの「Track goes by」では昇天気分。こんな会場で大好きな曲が聴けるとは。
ちなみにこの日のチケット代は前売り4000円という安さ(今どきの外タレ相場ではあり得ない)。商売二の次(?)の運営+もてなしに感謝。主催者には深い敬意を払いたいと思います。

→ 来日公演BLOG
→ 町田簗田寺(りょうでんじ)サイト
▲本館・枝枝新報▲

edashin117 at 18:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽 

2009年02月10日

[090207]Picture Book

b291b3ab.jpgやはり我慢できずに買ってしまいました。
「Till Death Do Us Part」が収録されてないとか細かいことは抜きにしまして。初のBOXですから。しかし、12,000円は高い。当分、キンクス以外は聴かないことにします。
感想もろもろは後日その気になりましたら。とりあえず報告まで。
それにしてもオリジナル再結成の準備はその後どうなっているのだろう。

▲本館・枝枝新報▲

edashin117 at 01:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽 

2009年02月07日

[090202]第44話「忘れてたワケでは」

9ec3f29c.JPG部屋にはまだ昨年のカレンダー(白川静氏の漢字暦。今年のは発売されなかった)が貼られています。一般社会人としてだらしないことでしょう。強制終了的に2008年がおわって今に至る。このありさまは己の生活ペースを反映してるのか。たんにカレンダーが必要ないってだけなのかもしれませんが。ただ、時おり日々の流れについていけないことを実感してるのは確かです。
さてどうしよう。昨年からこの“さてどうしょう”なことが増えて困っています。
またもしょうもない一コマで約3ヶ月ぶりの更新。
→ 猫なみ劇場
▲本館・枝枝新報▲

edashin117 at 01:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)猫なみ劇場