2011年05月

2011年05月28日

[110528]放射能汚染地図

ETV特集『ネットワ―クで作る放射能汚染地図〜福島原発事故から2ヶ月〜』。
ここのところネットの一部で話題になっている番組をNHK教育の再放送でようやく見ました。後になってYouTubeに全編アップされているたのを知りまして下にリンクを。

あれから想定外想定外とよく耳にしてきましたが、後の処理対応や被害調査を、今後も東電や政府が適切にやれるとは思えない。そういう意味で僕らにも想定外の事態だし、ボロボロでてくる隠蔽+情報操作しかり、巨大組織の構造的宿命も含めて、これは本当に、現代を生きる人間の許容問題だと思う。自然、食物、動物、未来の生命。誰がどう責任をとれるのか。やっぱ原発てのは、と改めて痛感した次第。もう涙がとまらないシーンもありましたよ。
確かに大変興味深いドキュメントなので、未見の方には強力におすすめです。



◆本館・枝枝新報(リニューアル予定)◆

edashin117 at 20:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

2011年05月18日

[画像日記44] Walk on the Wildshodou

タイトルに意味はありませんですw。

DSC_0012

先日、ヘンリー・ダーガー展@原宿ラフォーレを鑑賞した後に、“かまわぬ”という手ぬぐい屋さんへ。おめあては扇子だったのに書道セットを買ってしまった(右)。ミニチュア好きなもんでつい。左はiPhoneに入れたデジタル書道アプリとタッチペン。

◆本館・枝枝新報(リニューアル予定)◆


edashin117 at 00:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)撮影日記 

2011年05月16日

[110515]非現実の王国にて〜ヘンリー・ダーガー展

5597553948_274082191c
アウトサイダーアートではかなり有名な人物ですが、10年前にこの強烈な画集で見たなかでは、作品的に関心度は低くくて、むしろ彼の人生の方に惹かれておりました。そういう意味で、膨大な作品群は人格分析の資料価値として面白い。たとえば、幼女たちが裸で拷問虐待されてる描写なんてエログロな情念がなくてですね、彼の敬虔な生き様がにじみでて興味深かった。
しかしまあ、外界とほとんど接触もなく半世紀もひとつの作品づくりに没頭できるとは。
とくにこの2ヶ月の出来事を振り返ると、そんな日常がどういうことか考え込んでしまう。同じ思いにかられた方もいるでしょう。いわゆる「芸術的創作意欲」とはどこか違う気がする。

→ヘンリー・ダーガー展〜アメリカン・イノセンス。純真なる妄想が導く「非現実の王国で」
@原宿ラフォーレミュージアム


◆本館・枝枝新報(リニューアル予定)◆

edashin117 at 23:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年05月13日

[110511]追悼 宇野誠一郎

多くの名曲を生み出した方ですが、個人的には何より『ムーミン』と『アンデルセン物語』の2作でしょう。
この途方に暮れるような悲哀感が、僕の人格形成に大きな影響を与えています。

  

故人のご冥福を深くお祈りいたします。

edashin117 at 00:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月11日

[110508]全席無料、五月技量審査場所とは

行ってまいりました。角界史に残る反省場所・初日の両国国技館です。
最初の画像は、横綱と上位三役を従えた協会理事長挨拶。初日の恒例。

DSC_0069


DSC_0016
▲会場前に並ぶ各部屋ののぼりがない。

DSC_0019

行ったことない方だと、本来との違いがわかりませんが…

DSC_0059


DSC_0040
▲場内はいると照明は節電モード。お茶屋通りも食事処も休業、売店は控えめで力士弁当なしアルコールなし(場内飲用も禁止・涙)。おなじみの賑々しさがなく残念でしたけど、今場所はやむを得ないでしょう。

DSC_0104

テレビ放映はありませんが、そのかわりにニコニコ動画で、なんと序の口から生放送で配信してます。
この日僕らはiPhoneを持ち込み、例のつぶやき投稿にゲラゲラ笑いながら観戦してました。その気があれば、こっそり仕事中でも観れちゃう。僕的には今後もニコ動配信は続けてほしいです。

にこどうすもう

→ニコニコ動画「五月技量審査場所の全取組を生放送」

◆本館・枝枝新報(リニューアル予定)◆




edashin117 at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月10日

[110510]第57話「そんなことも憶えてない?」

猫なみ劇場をまたユルいネタで更新しましたが、画像は何の脈絡か?名曲喫茶・阿佐ヶ谷ヴィオロンにて。5月5日にあった身内系のライブ。

DSC_0201


DSC_0206n

GW中は人と会う約束もなく、この日に友人数名と飲んだくらい。
3〜4月の激忙生活で相当マイッたので、休み前に営業からも「ゆっくり寝てればいいじゃん」などと言われとりました。読者の中には「そっとしとくか」的な方もいらっしゃったでしょうね。長年、こういうサイクルで友人づきあいは薄いという。で、実際、睡眠時間はかなりあった(苦笑)。
現時点で、震災後に会った友人知人はほとんどいませんねぇ。映画もこの前ようやく1本(トゥルー・グリット)観ただけで。

→枝枝新報 本館・猫なみ劇場


edashin117 at 00:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)猫なみ劇場 

2011年05月05日

[画像日記43]GWのある日

ひさびさに哲学堂公園へ。この時以来か

DSC_0088
▲公園内の野球場

DSC_0096
▲堂内にあるいくつかの古建物の屋内が公開中でした。知ってれば広角レンズも持参していた。

DSC_0130


DSC_0121
 

DSC_0150
▲上と同じです。こっちは後の時間に撮影。

DSC_0158


DSC_0178


DSC_0183


DSC_0192
▲この松ぼっくりは…。意味はないと思うんですが…。

DSC_0198


DSC_0204


DSC_0211
▲毎度のモリ。

DSC_0217


DSC_0221
▲いじってます Nikon S3。屋内のシャッタースピードの設定にまだ慣れてない。上の画像みたいにワザと暗いシチュエーションつくって撮影練習したり。もちろん現像しないと結果はわからず。面倒(苦笑)。

◆本館・枝枝新報(リニューアル予定)◆

edashin117 at 15:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)撮影日記 

2011年05月04日

[110503]そして、iPhone

DSC_0116

ようやく買いました。iPhone4/黒/16GB。
実は、高校1年のときに初バイトの最初の給料で買ったのが、WALKMAN2でして、当時が「持ち運べる音楽生活」元年だとすると、30年後に音楽プレイヤーと電話の合体機器を手にしたというのは、何だか感慨深いです。
そのうちカミサンも続く予定なんで、我が家の無線LAN+WiFi環境を再構築することにしました。10年使い続けた初代AirMacからAirMacExpressに買い替え。ところがそのおかげで、プリンターが使えなくなってしまったというorz。

画像はiPhoneで見る拙HP。デフォルトだと文字化け箇所多し(以前から知ってたけど)。
さっさとリニューアルしたいです。

◆本館・枝枝新報(リニューアル予定)◆







edashin117 at 01:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Apple/Macintosh