2011年10月

2011年10月22日

[111021]最近のモリ

ひさびさに猫ネタを。
部屋の整理につかっていたアマゾンの空き箱がお気に入り。捨て猫みたいですw

DSC_0017


DSC_0040+


DSC_0034

先日ソファを処分したので居間にゆとりができまして、冬にむけてコタツを購入するかもしれません。モリって生まれて19年間、コタツを見た事がないんですよね。
6月からだいたい週イチのペースで通院してるのですが、おかげで比較的良好な体調を保っております。



edashin117 at 13:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)モリ/猫 

2011年10月12日

[111009-10]北温泉旅館

この日、栃木の北温泉へ。学生時代からいつかは、と思っていたところでした。
ご存知ない方に説明すると、ここは昔、つげ義春氏が訪れたことで有名な旅館で、まさに秘湯にふさわしい風情に満ちています。検索すると下3点のような画像が多くヒットするはずです。

DSC_0014

DSC_0088

DSC_0092
▲天狗の湯。子宝の湯で知られる。一応混浴。

DSC_0041
▲▼旅館内はご覧のとおり、階段が多く迷路のよう。

DSC_0026

DSC_0031

▼僕が泊まった部屋
DSC_0021

DSC_0143
▲子どもの頃、こういう襖がなぜか恐くてたまらなかったのですが。

DSC_0029
▲猫発見。よくウロチョロしてました。扉のあいてる部屋に勝手にはいってコタツで寝てたし。

DSC_0050
▲もう一匹発見。向こうに写ってる玄関に猫用の小扉があります。

DSC_0112
▲翌朝、温泉プールへ。深さ1m。
置いてあった浮き輪(タイヤのチューブ)でプカプカ浮いて空みてると現実逃避できます。

DSC_0157
▲朝にまた天狗の湯を撮影。


*    *    *

ということでかなり満喫できたのですが、実はこの旅館の後ろに砂防ダムがありまして、
大バカなことに30年近くも全く知らなかったんですね。予約してから知ったという…。
巨大建築物恐怖症の僕はこの光景(▼)に激しく動揺しました。本当にある...。
旅館内の「河原の湯」という露天風呂では、このダムがじっくり拝めます。旅館とごひいきの方々にはまことに申し訳ないけど、ダムの前で裸になるなど、発狂ものの恐怖です(泣笑)。

DSC_0182
▲規模は大したことないんですけどね。画像だと「どこがコワいの?」って理解できない方多いでしょう(苦笑)。

*    *    *

DSC_0126

ダムはともかく、この旅館は本当に満喫できました(苦笑)。
ネットでは、設備がどうもとか、無愛想、飯が今イチなどの評価もあるようです。いやいや僕的には全く問題なし。旅館の皆さんも大変印象が良かったです。震災以来いろいろと影響ある北関東地方ですが、今後も変わらず末永く経営を続けてほしいですね。








edashin117 at 01:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)行事/旅/イベント関連 

2011年10月06日

[111006]スティーブ・ジョブズ永眠

この日は遅まきながらの夏休み初日。午前10時ごろに起床。大島弓子『グーグーだって猫である』6巻最終巻を読んで目頭を熱くした後、MacMiniを起動してネットにつないですぐ訃報を知りました。

いつかは来ると思っていたけど、あまりに突然でしばし混乱。やがて「アップルにもうジョブズはいない、この世にもうジョブズはいない」という思いが頭をめぐり、また涙が出てきてしまった。会社休みでよかったかも(苦笑)。
彼に感心のない方は、何事?かとお思いでしょうが、僕のように悲しみに暮れる人は多いはずです。この消費世界にあって類いまれな実業家であり、アートやロックに対するスタンスにもシンパシーを感じさせた人物でした。

初めて買ったMacはLC630(1994年頃)。その後、NIFTYやTigerMountainなどのパソコン通信に登録して僕のネット生活がスタート、現在に至っています。Macに出会い、使い続けていたからこそ、今の仕事があるし、知り合えた人たちは多い。いろんな意味でMacは自分の生活や生き方を変えたと思っています。
ジョブズのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

→ http://www.apple.com/stevejobs/
→ [110217]常に、そうありたいと、

edashin117 at 14:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Apple/Macintosh