2012年03月

2012年03月31日

[120325]ノスタルジーなのか

DSC_0017→ここからの続き

大手出版社ならありそうなのになかった夢の対談企画を観に母校へ。
秋本氏の高校時代に作った肉筆誌の生原稿のレベルにはホント感激。漫画劇画部のエピソードも元部員として嬉しかったし、楽しい対談だったけど、今の自分の生活で何の糧になるかというと、どうなんだろうw。でも、創作に関わる若い人にはとても為になったに違いない。具体的な成功術やマニュアル的な理屈話でなく「ただ好きで描きまくっていた(授業の課題より同人誌の〆切w)」お二方の話に、漫画に対する愛情と生々しい説得力を強く感じた。

印象的だった話を2つ。今の若者に対して秋本氏。
「打ち込めるものがないまま学生生活を過ごし、そのまま社会に出てしまう人たちもいる、そんなふうなのが多い若者たちに対して単純に『好きなことを見つけて打ち込みなさい』と励ますのは違うかもしれない/そう相手に勧めるのは、成功した人だから言えることと思われる」。
もうひとつは、原氏から。
「気のあう編集者との出会いがあった。若いうちから感性を研ぎすませて、そういう出会いを得る力をもってほしい。

かつてお二人の情熱にあこがれ刺激を受けて(部室には原氏の豪快な落書きがあった)今に至る自分。上述の2つを聞いて考えたのは、テメーのこと棚にあげてw、これからの世代に対してだった。そんなこと気にするのは単に歳とったからでしょう。柄にもなくゲキとばしたりないですよ、そう思っただけでね。
対談中は現部員10名ぐらい?が会場(教室)の後ろに並んで立っていました。全員ウチの猫よか歳低いんだよなw。自分もたぶんこんなんだったってヤツもいた。対談終了後、彼らに近づいて話しかけ、、、してないしてない。でも、同期で部長役、現在某界で活躍中の人物がいたので挨拶をした(ちなみに当時、僕は副部長)。懐かしさたっぷり、たぶん25年ぶりぐらいの再会なんだけど、意外にそっけないリアクションでしてねw。会話はほんの数分。長い歳月の隔たりを感じた。僕はたぶん、ただのノスタルジー、なんだな。
展示会は非常に面白かったです。主催スタッフにあつく敬意を表します。

→ 朝日新聞デジタル 紹介記事
→ 本郷高校デザイン科公式サイト


edashin117 at 19:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アート関連 

2012年03月26日

[110325]あるデザイン科展

僕は普通科卒業ですが、この日は秋本治氏+原哲夫氏の対談を観るため、たぶん28年ぶりぐらいwに母校へ行きました。

DSC_0061

DSC_0055

秋本氏は僕が所属していた漫画劇画部の創設者+初代部長なのです。
一方、原氏は6年先輩。部室の壁に氏の豪快な落書きがあったので当時から存在は知ってました。
対談は予想以上に素晴らしかったのですが、感想等はまた後日に。
→続きです

→ 本郷高校デザイン科公式サイト

edashin117 at 00:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アート関連 

2012年03月21日

[撮影日記53]Nikon F3

DSC_0029恐れ多くも買ってしまいました。フィルムカメラの名機で知られております。
先週我が家に到着。もちろん中古。

定番の50mmレンズは近日購入予定でして、装着されてるのは昨年買ったツァイスのです。

これで本日試し撮り。最近は帯状疱疹がらみで自宅待機が多かったし、カメラ持って外に出たのはひさしぶりかも。地元のご年配が経営してるお店で現像手配したとこです。どんなふうに写ってるのやら。
昨年のS3に続いて2台目のフィルムカメラになりまして、そっちはモノにしてるのかってw?
写真はいずれそのうちアップいたします。。。

◆本館・枝枝新報(Renewal予定)◆



edashin117 at 00:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0)撮影日記 

2012年03月18日

[110315]「めんどくさくて逃げられない」

DSC_0004あれから1年を経て、いましろたかし『原発幻魔大戦』。非常に面白かった。これまでのいわゆる脱力ダメ人間的な展開とはずいぶん違う。氏のように切迫した日々を過ごした方は多いと思うが、僕はといえば、翌日も会社に行ったし、日常の仕事生活に埋没していたかもしれない。
まあもちろん、メディアを通じて自分なりに事態を深刻に受け止めた。その一方で、進展がなぜ滞っているのかにイラだち、今の政治体制/巨大企業構造の宿命的な限界を感じていた。TPP然り要するに問題はアメリカ支配の社会、元凶はそれこそ戦後GHQのあった時代から地続きであろうし、ある意味世代交代を待つしかない状況だが、それでは遅すぎるのは明らかだ。
いつぞやある飲み屋での打ち上げで20代男性、30代男性の二名と同席した時のこと。20代から「最近のマンガどうよ」な流れになりまして。各自趣味がバラバラな様子で最初は今イチな空気だったのに、いましろたかしがフト話題になるや、3名「あれはいいね」的にうなづきあって場が和んだというw。酔った勢いで、「オレ、盆堀さんみたいになりたい」とか言ってしまったのを後悔してるけど、ハタからみると自分ってあのキャラと大差ないだろうなぁ。。。

◆本館・枝枝新報(Renewal予定)◆

edashin117 at 15:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)書籍+コミック 

2012年03月05日

[120305]帯状疱疹その後2(治療中)

taijouhosin最初の発症から一ヶ月過ぎましたが、まだ痺れとカユミが残っています。
帯状疱疹たるヘルペスウイルスはおさまった状態で、僕が日常困っているのは患部に残る微痛、その周辺の痺れとカユミです。

ネットでリサーチすると同様のケースは多い。まあ、高熱や身体障害に比べれば大したことはないですが、パソコンに向かう職業柄、目の周辺のこういう症状は微妙に負担。
薬が効いてるのか、昨日と今日の違いはわからないけど、先週との違いなら何となくわかるというくらい経過がノロい。そんなものですと医者は応える。リサーチすると確かにそうでね。うーんしかし。

図は先週2/24〜28。患部を中心に歯医者の麻酔に近い痺れ感覚がだんだん広がっていったのです。で、微妙なかゆみを伴う。頭髪をボリボリかきたくなるw。右の眼球周辺にカユミが来たときは、寝付くのに2時間はかかりました。
現在は何となくおさまってきたけど、カキ過ぎたトコロが痛みに変わり、
別の塗り薬を使ってます。処方された錠剤(メチコバール)をコツコツ飲む毎日。ロキソニンは基本1日1錠に減りました。引き続き更新して行く予定です。

[追記120314]2日ほど前から、だいぶ治まってきた様子。日常気に病む痺れカユミはひいてきたが、まだわずかに残っている。とくに起床時など。あと、唇の少し上に小さく1箇所ピリ感が残っている。これが気になる。
[追記120320]ストレスのある職種なので、あるタイミングで微妙にビクッと痛みがくる。例の1箇所ピリ感もまだあるし。とりあえず日常的に問題はないけど、何か残ってるみたいで嫌な気分も。メチコバールは毎食後続けてる。カユミはほぼなし。禁酒継続中1ヶ月経過w。
[追記120329]禁酒を解禁。だけどまだほんの微痛やカユミあり。気にすると感じる。軟膏の塗りが足りないか。患部にパッドをあててないからか? あてるほどもうヒドくはない。
[追記120403]状態は大して変化ないが、皮膚科で禁酒するほどでもない感触を得て、酒は本来のペースに。メチコバールはまた2週間分処方してもらった。
[追記120509]...微痺れまだ続いてます(苦笑)。食後のメチコバール錠も継続中(たまに忘れるけれど)。患部の跡は徐々に薄れているが、まだあるとはっきりわかる。(近日中にその3で更新予定)


→[121231]今年一年 〜帯状疱疹その後3(最終)

→[120210]帯状疱疹その後1

edashin117 at 01:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常