2012年04月

2012年04月30日

[120430]第63話 猫 6

GW突入。遅まきながら(苦笑)こたつネタで猫なみ劇場を更新。

IMG_0415

この冬は、我が家で初めてコタツを導入しまして大変世話になりましたね。人間も猫も満足。
モリなんかほぼ丸一日この中という時期もあったと思う。
わがままな絶叫が始まると、今回のネタのように気を静ませることが多かったのですが、コタツをしまった後は、どうしたらいいものか。
最近ますます声がデカくなったような気がして、耳がホントにもう聞こえなくなってるのかもしれない。それはそれで非常に気の毒なんだけど。。。

画像はここ最近のモリ。強引に中へ入れても、さすがにすぐ出てきちゃいますね。

→枝枝新報 本館・猫なみ劇場

edashin117 at 20:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)猫なみ劇場 

2012年04月23日

[120422]大友克洋GENGA展

行ってきました。高校時代に衝撃を受けたマンガの生原画を30年後に鑑賞。いつかこういう機会が来ると思ってました。だけど、開催の大きなきっかけが東日本大震災とは…。宮城県出身である大友克洋氏なりの復興プロジェクトで、入場料の3分の1が支援金になるそうです。

IMG_0413

個人的に思い入れが強いのは『童夢』以前でして、その時代の生原稿の鑑賞に時間をかけてしまい、後の『AKIRA』 全生原画では半ば意識もうろう?の状態でしたw。とにかく密度が濃すぎで圧倒的。もう一度観にくるかも。。。

↓記念写真ブースw。『童夢』のあのシーンと実物大・金田バイク。

IMG_0395

IMG_0398

IMG_0401


→ 大友克洋GENGA展 公式サイト

edashin117 at 02:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)書籍+コミック 

2012年04月21日

[120420]観る前に考えていた、モリッシーではないこと

この文は、関東エリアでの一発目、川崎でのライブを観る前に打っております。
24時間後の今ごろは何か感慨にふけってるかなw。

学生時代から好きなバンドやミュージシャンは多いですが、ザ・スミスを通じては、特別記憶に残る人間関係が多かったかもしれない。
この一ヶ月余、スミスやモリッシーを聴きまくるでもなく、彼らが現在どうしているのかをよく考えていた。今回の来日ツアーをみんなどう思ってるのやら。
あの人は気にしつつも普段の日常生活を過ごしてるかもしれない。
あの人はたぶんもう聴いてないだろう(そういう気がするんだよな)。
あの人は、仲違いをしたので、もし会場で見かけたら少々複雑な気持ちになるな。
あの人は劇的に音楽趣味が変わったので会場にいたら意外。嬉し驚きかも。
あの人は観たくても事情があって行けないんだよな。
あの人はもうこの世にいないんだよな。

もちろんネットを通じて今でもつながってる者もいる。これ読んでるあなたかな? たまには音楽で語りあいますかw。

ソロ作はもう長いこと追いかけておらず、思いっきり回顧モードw。
やはり、この曲は生で観たい。演ってくれるかなあ。



*この曲を含むライブ(ライブ盤“RANK”と同日)は87年にFMでオンエアされたものと同じです。ライブの彼らを聴いたのはこの時が初めて。スタジオ盤とは異なるアグレッシブな演奏に大変驚いたのを憶えてます。
*ご存知ない方はこちらの訳詞もぜひ。ツイッターでフォローさせてもらっている方のを勝手に転載させていただきました。



[追記120426]
うーん、実は先月USTでライブを観たので予感をしていたが、一貫した彼のファンに失笑されそうな感想になってしまうので抑えときます。何しろ回顧モードですからw。
帰りに空いてる CDショップで『Years Of Refusal』を購入w。聴いてからこれは見方を改めねばならんと感じた。
東京2daysは仕事の都合で行けず(涙)。5/3の追加を待つのみに。

[追記120505]
3日最終日。この日も堂々たるエンターテイメントなステージでした。結局「Light」は観れず。ライブ終わってどんな気持ちかというと…。こういうめぐりあわせなのだな、と自分を受け入れるしかないですね。そういう思いも何だかスミス的(苦笑)。終演後、友人と朝まで飲みました。



edashin117 at 01:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽 

2012年04月13日

[120408]ノラ猫物語

先日アップした妙正寺川沿いの桜を見にでかけた日に撮影。

DSC_0044
▲撮ってたら起こしちゃいました。

DSC_0046
▲伸びをしてくれました。その後はどこかへ。





DSC_0051
▲続いてこちら。この更地、前はおかしな酒屋さんがあったのですが(まだあった頃の画像)、
 知らぬ間になくなっていた。。。



で、このドラ猫、
ファインダー覗いてると左を向くので、口を鳴らしてこっちを向かせるのですが、
どうしても気になる様子で、何故だろうとカメラを下ろすと、




DSC_0059
▲もう一匹いたんですね。気が付きませんでした。

DSC_0057
▲しばらく見つめあってましたね。

◆本館・枝枝新報(Renewal予定)◆

edashin117 at 01:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)モリ/猫 

2012年04月11日

[画像日記56]2012年の桜(夜編)

9日の月曜日、靖国方面にて撮影。雨風なし気温も高めでいい夜でした。

DSC_0048


DSC_0046


DSC_0051


DSC_0044


DSC_0092


DSC_0109


DSC_0082


DSC_0117


DSC_0192


▼下の画像2枚は、近くのインド大使館で開催されていたインドさくらフェス。こんなのやってるなんて今年初めて知りました。

DSC_0020

ご当地メニューの屋台がいくつか出てました。お見せできる画像がこれだけで残念。

DSC_0023

▲どの店も花見とは脈絡ないテンションの高さでしたw。カレー、けっこう旨かったかも。



で、最後に桜の画像をw。

DSC_0209


DSC_0210


DSC_0220


DSC_0219


DSC_0216




edashin117 at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)撮影日記 

[画像日記55]2012年の桜(午後〜夕方編)

先日8日に撮影。地元、鷺宮町・若宮町の妙正寺川沿いにある桜です。

DSC_0030

DSC_0008


DSC_0075


DSC_0070


この2カ所は毎年自転車で見にくるのですが、今年はとくにタイミングよかったかも。

実はこの日、ひさびさに他の地元周辺もまわりまして、
やっぱ、たまに見にこなきゃダメだ...と実感させられた画像をいくつか撮りました(猫関係ふくむw)。後日にアップ予定。
その前に「夜編」を明日にでもw。


◆本館・枝枝新報(Renewal予定)◆




edashin117 at 01:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)撮影日記 

2012年04月08日

[120408]MOE TUCKER

これもすでにFacebookにポストしてますが、やはり自分のブログにもw。モーリン・タッカーのアンソロジー盤。

DSC_0033


一応ご存知ない方に、彼女は元ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのドラマーです。
最初はこのキッチンでのくわえ煙草にグッときたのですが、もちろん内容も素晴らしい。ルーやケイルとは異なったVU的安心感wのあるサウンドを聴かせてくれます。ジョナサン・リッチマンやジャド・フェアーらのコラボレート曲も収録。「Crackin’ up」とかもう最高だし、僕的に聴き所満載です。

◆本館・枝枝新報(Renewal予定)◆

edashin117 at 19:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽 

[画像日記54]あるバンドの解散ライブ

3月29日の渋谷La.mama にて。Facebookでは既にアップされてるモノばかりですが。遅まきながらこちらにも。

DSC_0111nn


DSC_0163

DSC_0104

世間は狭い?なかなか因果のあるバンドでして、僕の古いネットの友人(g)とカミサンの音楽系呑み仲間(dr)が偶然メンバーなのでした。

DSC_0190

DSC_0139


僕は数えるくらいしか観てないのですが、演奏/曲の良さもさることながら、エネルギッシュで独特の色艶のあるステージパフォーマンスに毎回ホレボレしておりました。
バンマスの西川さん、今後の音楽活動に思うことが多くあったようです。

◆本館・枝枝新報(Renewal予定)◆




edashin117 at 14:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)撮影日記