2014年10月

2014年10月22日

[141022]第80話 父の記憶を受け継ぐ

前話更新時の一週間後に父が急死。これで両親ともに亡くなり、いま実家をたたむ作業に追われています。画像は9月の更新でも紹介した8mm編集機とテープレコーダー。先日持ち運ぶときに駅で撮影。

ihin


妹と話しあい、僕は主に父の遺品を引き取るのですが、これがなかなか量が多い。父の学生時代のアルバムなんてこの先どうしたらいいのやら。上記のブツも大切な遺品ではあるものの...。前話と異なる状況で、今後について考えさせられてます。
生前持っていたカメラ、8mm、音声機器、ビデオ等で残した数多くのメディア類。アルツハイマーが進行していた父のいわば脳内記憶物を、自分が引き継ぐカタチと言えましょうか。

それはそれとして、今の部屋で長期保管は物理的にキビシい(涙笑)。自分部屋の断捨離も進めてますけれけど、そろそろ引越しも検討せねばならんです。

→ 枝枝新報 本館・猫なみ劇場


edashin117 at 13:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)猫なみ劇場 

2014年10月11日

[141005]夜のまにまに…

台風接近の夜。ひさしぶりに外交的なイベントライブへ。カミサン経由でご縁のある方です。

DSC_0087n


撮影にも必死でしたが(苦笑)、とても楽しめました。
物販で歌詞集+CDRを購入。大好きなこの季節の良きBGMにしたいです。


BzGUcnlCcAAx-vG


→ NON 2014.Oct.4t~5th まとめ
→ NON BANDについて

edashin117 at 01:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽 

2014年10月07日

[141005]ボストン美術館 浮世絵名品展 北斎

台風接近の荒れ模様にもかかわらず、午前中から上野の森美術館へ。
普段の休日は激混みらしいんで、こんな天候ならと思って現地に着くと予想以上の盛況でした。さすが世界の北斎。でもまあ何とか良いペースで鑑賞できました。

IMG_2513


とにかく見所満載も満載でしたが、個人的には『諸国瀧廻り』『百人一首うはがゑとき』のシリーズが大変気に入りました。最後のブースにあった「人物絵手本」(画像下)も何げに素晴らしくてですね、浮世絵作品とは異なり、生々しい筆使いが強烈で何度もガン見(苦笑)。これはもう実物を観ないとわからないでしょう。

DSC_0011


そして、一部で大きな話題になってます葛飾応為『三曲合奏図』にももちろん感動。
北斎の助手で知られている実娘の作品です。

oui


今年は彼女の肉筆画を3点観ることができましたが、個人的にはこの作品が一番印象的でした。今年来年にかけて応為関連の話題が色々あるなか、最注目のひとつと言える本作。興味をもたれた方は、検索してぜひ作品解説にも触れていただきたいです。

今回も一眼鏡大活躍で鑑賞。老眼がさらに悪化して緻密なのはどうもシンドイ。でも世に名作と言われている多くは北斎が60代以降。あの時代によくそれだけの視力を維持できたものです(苦笑)。

→上野の森美術館「ボストン美術館 浮世絵名品展 北斎」公式サイト

edashin117 at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アート関連