2016年03月

2016年03月27日

[160326]ボストン美術館所蔵「俺たちの国芳 わたしの国貞」

金土は夜9時までとのことで18時頃に会場入り。混雑時のストレスはほとんどなく鑑賞することができました。

ファイル 2016-03-27 23 39 36

ちょっと前の練馬区立美術館『国芳イズム』に続いて、もうひとつの目玉展示。
とにかく、さすがボストン美術館といえる保存状態の優れた作品ばかりで驚き。
僕は歌舞伎や今回の国芳絡みの水滸伝について知識が浅いため、毎度、浮世絵鑑賞ではその点で気後れ気味になるのですが、「そんな細けーことは」とばかりに粋で色彩凝りまくりの展示がこれでもかこれでもかと。何と言うか江戸サイケデリック(違うだろw)の坩堝に身を任せて脳内興奮状態でした。さすが渋谷発文化村という紹介・宣伝の上手さで基礎知識云々なく堪能はできます。実際、若者の比重が多かったこと。
個人的に良かったのは、
「御誂三段ぼかし」「五人男揃浴衣」「秋野七草しげり之景」などの役者絵の連作(国貞)。「木曽街道六十九次之内」の連作(国芳)、「名勝九州より上洛のとき」をはじめ大海原系、などなどなどなど... ご両人の神がかった創作意欲と職人芸術のスゴさを改めて体感できました。

で、この展覧会はグッズもかなりお目当てでして、話題のガチャガチャ根付けは無事に全3種ゲット。特に猫骸骨(猫スカル)は想像以上の出来なので驚愕しております。

ファイル 2016-03-27 15 27 42


ファイル 2016-03-27 15 27 22


ファイル 2016-03-27 15 28 01


時代を超えた職人コラボの極み。しかもすこぶる酔狂でよろしい。猫好きとしては、もう永久保存ですね。

あと、個人的にはこの団扇もお気に入り。

ファイル 2016-03-27 23 40 11


→ 展覧会紹介記事
→ 国芳根付け紹介

edashin117 at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アート関連 

[160327]第89話 あの日は忘れないが(5年目の3.11を経て)

20160326今さら3.11に直接触れるのは遅いのでこんな小ネタを(苦笑)。
今年は同じ金曜だったので、黙祷時の心持ちも違いましたね。

災害時の心構えは何度もカミサンと晩飯時の話題になってますが、携帯電話の充電ってのはけっこう重要。僕も以前はよく忘れたクチでして、昨年携帯用のバッテリーを買いました。
一番の心配事はハル&マコがどうなるか。昨年我が家に迎えたときのキャリーバックは今の二匹にはそろそろ窮屈です(上:今日撮影/下:昨年10/25撮影)。マンションに残ってもらうのは何とか避けたい。現在、環境省によると災害時にはベット同行が推奨されているそうです。もっとも、受け入れ側も大変だろうし、公式ガイドラインに目を通しておきたい。
ふだんから色々考えなければなりません。

→ 枝枝新報 本館・猫なみ劇場









edashin117 at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)猫なみ劇場