[061125]Galerie412[061216]24年ぶりぐらい

2006年12月07日

[061205]わが愛しのキャンディーズ

44ee68e3.jpgこのタイトルでネットの日記を更新したヤツは数知れずでしょう。僕もあの番組には心揺さぶられたのであえて。
個人的にはとにかく「やさしい悪魔」ですね。曲の完成度もさることながら、あれを最初にテレビで観たときはかなり驚きました。
キャンディーズが解散を発表した時、僕は小学校六年でして、クラスでも話題騒然だったのを覚えてます。その後、ラストシングル「微笑がえし」に至るまでイメージ戦略の劇的だったこと。当時の刷り込みとして残っている、「お別れ」と言えば「微笑み」という連想は、とても素敵なことではないでしょうか。
ひさびさに観たあの解散コンサートは考えさせられた。今の10代はあの映像をどう思うのだろう。
ひたむきな3人の姿を引き合いに、現TV界をネガティブに語るのは野暮なので止めときますが、そんなことより、あの頃は激ヤセに見えたミキちゃんが印象的で再評価したくなったです。女性観の変化はみごとに今の時代の影響を受けてるという。
▲BLOG枝新▲

edashin117 at 01:32│TrackBack(0) 音楽 

トラックバックURL

[061125]Galerie412[061216]24年ぶりぐらい