[060604]だいぶ前からそのつもりだった[070624]クリティックス

2007年06月23日

[070617]マルレーネ・デュマス展

373a622c.jpg彼女を知ったのは10年くらい前で、神保町の洋書屋でたまたま買った画集(画像)が出会いでした。
とくに好きなのは山水画のようなシンブルなドローイング。水をたっぷり含んだ筆で、絶妙な形状を描いております。その質感、勢いがよい。「形状」は僕が絵を楽しむ視点のひとつで、ちなみにその究極が中国の古代文字ですか。
もってる画集にはその手法による男女のエグい絵があって、これもまた独特のエネルギーを感じさせます。
規模的には国内初の個展とのことで期待をしたのですが、残念ながら上記の絵はなし。というワケでもないんだけど、全体的にはモノ足りなかったかな。こんなものじゃないだろうという欲求不満です。
それでも生で彼女の絵を見ることができたのは貴重な体験でした。
〈公式サイト〉http://dumas.jp/
▲BLOG枝新▲


edashin117 at 15:50│TrackBack(0) アート関連 

トラックバックURL

[060604]だいぶ前からそのつもりだった[070624]クリティックス