[071111]スゴかった(ネタバレなし)。[071124]タロットカード殺人事件

2007年11月23日

[071118]鳥獣戯画展(更新版)

b5a030bd.jpg鳥獣戯画って例の有名なウサギやカエルの絵ぐらいしか知らなかったのですが、実は、安土桃山〜江戸時代にまでテイストを変えて描かれ続けてたのですね。
本展覧会は、鎌倉時代までをまとめた甲・乙・丙・丁の4絵巻をメインに、さまざまな鳥獣画が展示されていました。
上述の絵は甲巻におさまっており、平安時代に制作されたもの。
これが後の乙・丙・丁と違いセンス+画力ともに群を抜く完成度で、さすが皆様お馴染みとなるだけありますが、実は順序つながりが奇妙でかつ欠損部分も多いのです。その謎をとくのが後年制作された模作の数々で、現存の甲巻にはない絵を観ることができます。「実はこうだったのかい」と。ただ、やはり模作の画力はどれも甲巻に及ばず(当然と言えば当然)、鑑賞者はオリジナルの素晴しさを想像で補うしかないという。こうした謎や欠落性が潜んでいるのも鳥獣戯画の魅力と言えましょうか。
体系的な展覧会ですんでメインとは別の「前・後」にも見所は多く、鳥獣戯画以前の「不動明王」や「十二神将図像」などは印象的でした。
画像はその甲巻にあたる複製ミニ絵巻。けっこうお気に入り。図録、グッズもかなり充実してます。
[公式サイト]http://chouju.exh.jp/index.html
▲BLOG枝新▲




edashin117 at 14:01│TrackBack(0) アート関連 

トラックバックURL

[071111]スゴかった(ネタバレなし)。[071124]タロットカード殺人事件