[080406]気になる地元の一軒家[080818]印刷表現のユニバーサルデザイン展

2008年04月17日

[080414]ノーカントリー(ネタバレなし)

0bedcfe0.pngようやく観ました(というパターンが多い)。こんな重い内容がアカデミー賞とは。アメリカの憂鬱を世界に示したといえましょうか。
ちなみに映画の設定は80年代初頭。製作陣は現在と地続きの何かを問うているはずです。そういう意味でベトナム戦争を経たアメリカの社会状況は肝心な背景ですが、知識や実感がなくとも各自それなりに別の何かを見いだせるでしょう。
それにしてもクライマックスには参りました。結果ああだからこそ自分達や自分の住む社会の暗部について考えさせられるというものですが、まあ.... これから観る人は覚悟して強力一撃を喰らってください。
映像面としてはテキサスやメキシコの荒野がとにかく素晴しい。あれはやはり映画館ならでは。それと対をなして室内シーンの緊張感もたまらない。で、両者に共通する「音」にもぜひ耳を。
総合的に難解な映画ですが、ほぼ主役といっていいハビエル・バルデム(画像下)の存在感に震えっぱなしでしょうから退屈しないはず。多少ムラは感じたものの近作で気にいっていた『バーバー』を上回る印象でした。
→公式HP
▲本館・枝枝新報▲



edashin117 at 02:02│Comments(0)TrackBack(0) 映画 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
[080406]気になる地元の一軒家[080818]印刷表現のユニバーサルデザイン展