[090921]激混みトリノ・エジプト展[091007]高野文子2009

2009年10月02日

[090927]空気人形(ネタバレないつもり)

5497ce68.jpg豊島園シネコンにて鑑賞。基本的に好きな路線なのに何かひっかかる。確かに主演ペ・ドゥナは文句なし。最初の20分間(ぐらい?)はもう釘付け状態でした。
映像もよし。高橋昌也(この人の目は昔のTVドラマ時代から印象的だった)をはじめ俳優陣もよし。しかし。原作モノだから仕方ないかもしれませんが、脚本が語り過ぎなのかも。まあ十分シンプルな方でしたけど。いっそ大胆に全編サイレントでもよかったんじゃないか。空気人形ペ・ドゥナには、無垢さ・残虐性・悲哀・セックス、ユーモア、もうなんでもあったからです。音声なくても現代の人間関係のなんとやらは伝わっていた。まさに説明無用の素晴しい演技。そんな彼女なのに僕があのラストシーンをどう思ったかというと…以下略。最近また仕事疲れ(涙)。
→ eiga.com 特集より
▲本館・枝枝新報▲

edashin117 at 01:11│Comments(4)TrackBack(0) 映画 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by N井   2009年10月07日 18:13
実は「空気人形」に自分も注目していた。たぶん、見に行けないと思うが、エディさんとの感覚の近さになんとなく複雑な気分。「サマーウォーズ」の件といい、最近映画ネタを語る人間が周りにいないのが、ちょっとさびしい。エディさんからの情報を楽しみにしています。
2. Posted by eddy   2009年10月07日 23:59
どうもです。娘さんとは絶対みれない作品です。DVDでても家で一人でみるタイミングあまりないでしょうに。とにかくこれ肴にかなり黄昏れた会話する自信あり(涙)。 そんな管理人ですが、今後ともよろしゅうに(ぺこり)
3. Posted by Wac   2009年11月01日 14:33
あのー。たいへんお久しぶりです。本人です(?)。数か月前、某君に近況を訊ねてくださったそうで、ありがとうございます(←本人確認)。ネット上への書き込み、2年ぶりくらいかと。この映画、物凄く期待して観ました。観ている時はこのエディさんの感想のこと、完全に忘れていましたけど、終わった時に感じたことは、かなり近いです。いろいろレヴュー読んでみましたが、エディさんの感想が一番共感しました。わたくしもサイレントでもよかったのでは・・・と思いました。ちょっとですねぇ。語りすぎのような。←撮影と演技が良すぎるからでしょうか。ラストのことは伺ってみたいですが。音声で最高だったのは、ペ・ドゥナがあのテーマ曲を鼻歌で歌うとこです。
というわけで、わたくしはとえいば、まあなんとか生きてます。最近、いろいろ変化が激しいです。
いろいろお話したいですね。
4. Posted by eddy   2009年11月01日 18:35
なんと、Wacさん、おひさしぶりです。久々のネットご登場がこことは何とも恐縮(苦笑)。
僕の感想に共感していただきうれしいです。そうそう何より映像の良さが特徴でしたよね。語らずにいられない点は、監督の誠実さを物語ってると思います。
僕の方といえば相変わらず仕事三昧の日々で、その後、新作系の劇場鑑賞は縁ないんですよね。思いおこせば新宿で飲んだのがちょうど2年前ですか。早いもんです。引き続きまたの再会を楽しみにしております。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
[090921]激混みトリノ・エジプト展[091007]高野文子2009