[091108]DRIVE TO 2010 にて[091122]高円寺・石狩亭

2009年11月15日

[091115]give the people what they want

ojisesi忙しい毎日。心身疲労がたまってまして、たまに外やネットで接する友人知人には、「相変わらず大変そう」と同情されております。確かにますます不況が深刻化している出版印刷業界にあって、まことにありがたきことなのですが、一方、構造的な問題が改善されぬままに日々は過ぎている。というかどうしょうもない。ここでそれを具体的に考察するつもりはありませんで。うーん、確かに絶対数が減ってるのが第一要因ですが、単価が激減してるのも大きく、薄利多売的な営業受注で、制作現場が酷い目にあってるという。入稿するデータや原稿もひどいです。編集 or 原稿整理+指定能力が落ちまくっててワケがわからない、編集整理をセットで丸投げしてくるクライアントも中にはいます。そんなクラ側に何が起きてるのかも気になりますが、ともかく営業もそこまで世話しないと受注争奪戦に残れないらしい。曰く「他よりいいものを安く速やかに」。鬼スケジュールで我々は印刷事故やトラブルと隣合わせの仕事を余儀なくされてるわけです。
あーうー、何を語りたいんだか、ただの愚痴? 画像は、中国で建設中の王子製紙巨大工場です。なんでって? 下のリンクは先月読んだ記事。これネタにBlogを更新しようと思ってたのに暇がなかった。何だったっけか、えー、ま、ようするに、されどとにかく中国なんです。もう環境問題はさて置きで。たぶんそんなことだ。
そういえば以前、大量の細かい図表の作成を中国のDTP会社に外注委託(受付は都内にある)したことあるのですが、むこうは大人数のスタッフを確保していて、日本語OSも完備。かなり丁寧な仕事で感心したもんです。感心してる場合ではないか。

→「中国が紙生産世界一に」
▲本館・枝枝新報▲

edashin117 at 18:08│Comments(0)TrackBack(0) 日常 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
[091108]DRIVE TO 2010 にて[091122]高円寺・石狩亭