[100202]撮影日記1[100131]Dr.パルナサスの鏡(ネタバレたぶんなし)

2010年02月05日

[100205]朝青龍

_DSC0043+

相撲はまず武道だと思っているので、僕にも横審的な腹ただしさは確かにあった。だけど、ニュースを聞いて最初に思ったのは残念な気持ちでした。やはり彼の取り組みは面白かったから。全く同じこと感じてる相撲ファンは多いはずです。本当に数多くの旋風と騒動を起こし、突然あの若さで土俵を去っていくという、文字通り怒濤のキャリア。彼の栄枯盛衰を目のあたりにした者としては、角界対してのみならず思うこと多々あります。
画像は先月の初場所両国国技館二日目に撮影。僕が見た最後の土俵入りになります。

▲本館・枝枝新報▲

edashin117 at 02:11│Comments(2)TrackBack(0) 日常 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Buddy   2010年02月05日 14:22
この写真いいねぇ。
なんか“絵”的な雰囲気っていうのかな。上までの観客が入っているのが臨場感あふれるね。
2. Posted by eddy   2010年02月05日 21:01
この日はNikonD90の本番撮影のデビューでした。
圧縮前の元画像は向うの人たちの顔も写りいいです。さすが一眼と関心しまくり。
次回の両国では是非望遠レンズを買って…と思ったんですけどね。。。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
[100202]撮影日記1[100131]Dr.パルナサスの鏡(ネタバレたぶんなし)