[100206]撮影日記2[100214]撮影日記3(哲学堂1)

2010年02月11日

[100211]KAGEROUだったのか

_DSC0063

とある縁で昨年前半にデザインしたCDが、先月末にようやくリリースされました。
ところがこのバンド、FLAT122は音源完成後に活動を休止してしまいまして、発売が何ヶ月も延期になった理由はそのへんにあったのかも。
プログレやジャズ、クラシックなどに影響を受けた彼らの音楽性について、自分の守備範囲と語彙ではどうも的確に表現できそうもなく紹介が難しい(苦笑)。依頼されたときもかなり気後れしたのですが、デモ音源数曲を聴き続けてるうちに馴染んできました。使用画像の主であるカメラマンは廃墟写真を多く撮影してる方で、選外のも含めてどれも秀逸でした。素晴しいインナーの見開きは実物をお手にとった時のお楽しみということで。
サウンドは非常に複雑かつ超絶。もともとこの手は門外漢なのですが、ジャンル性云々は別にしてバンドのもつ浮遊感、緊迫感には強く惹き付けられました。螺旋を描きながら上昇するかのようなギターと、流麗でメロディアスな鍵盤のからみがいいですね。現在メンバー3人はそれぞれ勢力的に活動を続けています。

→都内プログレ専門店の紹介
▲本館・枝枝新報▲


edashin117 at 15:41│Comments(2)TrackBack(0) 音楽 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by n-doggiedogg   2010年02月21日 12:04
ご無沙汰してます。自分も不惑の仲間入りとなりましたデス(惑わないことはありえませんが)。
 ジャケに思わずred house paintesか!と思っちゃいましたが・・・。そーいや四谷かどこだかで対バンされたのを拝見した記憶が(論文締め切りで追い込まれてた時期で記憶が鮮明・・・)。
 お互いココロとカラダを大事にホドホド&たまにはテキトーでいきましょう。といいつつがんばっちゃいそうですが。
再見を期待しつつ!!
 P.S.
 去年のライ&ニックには泣けましたですよ。JOE HENRYも行きたいが、前売り売り切れでした・・・。オザケンも今年はツアーするそうですな・・・(不惑仲間・・・)。
2. Posted by eddy   2010年02月21日 12:42
なんと。不惑ですか。ウエルカム四十代。
今年も身内、友人系のライブはともに欠席ばかりという。次回どこかの会場であうときは、一眼ぶら下げた激写中年になってる予定。
ライ&ニック観たとは、すごくうらやましいです。
ま、おたがいにテキトーがんばで。。。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
[100206]撮影日記2[100214]撮影日記3(哲学堂1)