[100311]UD[100318]悼む気持ち

2010年03月15日

[100315]“見たいもの”だけを見る

テストリンクのムービーは文を読んでから見てください。

これは昨年読んだ『出版のユニバーサルデザインを考える』(読書工房)という本に載っていたものです。ある出版UDセミナーで発表された「脳神経心理学からみたわかりやすさ・ここちよさ」という講義から。
これUDとどんな関係が?といったところは置いときまして、なかなか興味深い実験報告。

(1)ある心理検査の小会場にて。
(2)白チームと黒チームがボールのパスを競っている動画。
(3)進行役「白い人が白い人へパスを何回やっているかを数えてください」
(4)動画終了後、何回だったかを結果発表。
(5)発表しおわってその後、同じ動画を再び観賞。進行役「今度は、何も意識せずにどうぞ」
(6)会場内、驚きと笑いの混じったどよめき。

会場の人たちは(5)で何を見たか?
(3)の時点では気にとまらなかった人がほとんどだったらしい。
シチュエーションも関係している実験だろうから、ひとりでモニターみると同じ体験はできないかもしれません。だもんで、こうした流れで紹介してみました。

→ 実験に使われた動画

▲本館・枝枝新報▲





edashin117 at 01:48│Comments(0)TrackBack(0) 日常 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
[100311]UD[100318]悼む気持ち