[101119]酉の市[画像日記33]新宿花園神社周辺

2010年11月21日

[101117]ドアーズ/まぼろしの世界

door新宿武蔵野館にて鑑賞。
結成当初、ステージのジム・モリソンは自分の歌に自信がなく後ろ向きで歌うことが多かったらしいですね。しかしあのカリスマ性で瞬く間にスターダムにのしあがり、歌い叫び観衆をアジテートしてゆく。まごうことなき破滅のロック・イコン。
「音楽は! お前の特別な友! お前の唯一の友なのだ!/炎をように踊れ! 音楽が終わるまで! 音楽が終わるまで!」
(when the music is over)
字幕付きの大画面大音量で、ジムがそう歌うシーンとかもう圧倒的。
残念ながら曲は全部ぶつ切りでしたけど、歌詞の素晴らしさを改めて実感しました。
もちろん曲もいい。生き急ぐジムにどまどいながらも演奏を続ける切迫した3人。この4人でなきゃダメなんだというのが映像から伝わります。当時彼らはまだ20代前〜半ばなんですよね。

映画は全編ジム存命中のフィルムのみを使用。それだけ製作に対して相当の気合いを感じるし、当時の空気感が充満してます。ドアーズらしく熱いけれどどこかクール。あれだけの素材をここまで編集した監督とスタッフの手腕は大したものです。レイ・マンザレク激賞もうなずける見応え抜群のドキュメント。

→「ドアーズ/まぼろしの世界」公式サイト
▲本館・枝枝新報▲

edashin117 at 14:46│Comments(0)TrackBack(0) 映画 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
[101119]酉の市[画像日記33]新宿花園神社周辺