2012年11月07日

[121107]第67話 直子の忘れる旅

本館の猫なみ劇場、ひさびさの更新。ネタに沿った話題がないので旅にこじつけて以下…。
(この話は別の場ですでに公開したのですが)

haikai

10月の温泉旅行で泊まった宿。実は夜にお婆さんが徘徊しておりまして。
おそらく女将さんのお母様でしょう。
「うーうー」か細く呻きながら、僕が気づいただけでも宿中、四周はしてたと思います。
壁が薄いので部屋にいても近づくと気配でわかるんです。床をギシギシいわせながら。

三周目?に声をかけてみました。歳はおいくつかと。
「私... 聾だから話わからんのですよ...」
肩に軽くふれ「それはすいませんでした」と頭を下げてお詫びをしました。
「ゆっくりしていってくださいね」。
お婆さんとは、その後、トイレの帰りや洗面の時にも会って、
そのたびに「ゆっくりしていってくださいね」と言われました。
独特の目つきと侘しさが実家の母親に似てたかも。

***

やはり旅館には好ましくないお話でしょうから、先月の旅行記から外してました。
(宿自体は本当に居心地よかったです)

→枝枝新報 本館・猫なみ劇場



edashin117 at 23:49│Comments(0)TrackBack(0)猫なみ劇場 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字