2013年03月16日

[130316]あれから2年

FUKUSIMA昨年は休日で自宅にいたけれど、今年は同じ職場の机にいたので、気持ちが随分違いました。

リンクは数日前にfacebook経由で知った短編ドキュメントです。
きれい事一切なし。松村さんのぶっきらぼうさがクールで胸に迫ります。...などと紹介するのもおこがましいかな。
被災地の実態もわからず、都会で毎日せわしい仕事生活の僕は、こうしたあるまじき映像から生命や自然の何たるかを知ります。改めて皮肉な現実だなと痛感。未見の方はぜひご覧ください。

→内容紹介「3.11 希望の番人 原発20キロ圏内 ただ1人生きる松村直登」

edashin117 at 19:22│Comments(0)TrackBack(0)日常 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字