2016年01月24日

[160124]第88話 忘れがたき遺作

RIP-david遅まきながら追悼デヴィッド・ボウイで。

たっぷりと思い入れを語れるようなファンではありませんが、大好きな名曲は多く、ひとりのロックリスナーとして彼の訃報には非常にショックを受けました。『ブラックスター』を聴くと「その時、自分はこうでありたい」という覚悟を感じてしまいます。まさに有終の美にふさわしい傑作。こういうエンドロールを見せたミュージシャンが過去にいたでしょうか。そんなインパクトも含めて、文字通り心に残り続け忘れがたき存在となってしまったボウイ。
いつもの猫なみとは趣きを変え(毎度のノリでもあるかw...)自分なりの感慨を込めて更新しました。合掌
(画像は生前ボウイ最期のアーティスト写真)

→ 枝枝新報 本館・猫なみ劇場









edashin117 at 11:55│Comments(0)TrackBack(0)猫なみ劇場 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字