2017年05月26日

[170508]第98話 過去帳物語

KAKOCHO諸事情ありまして、ようやく更新のお知らせ。
過去帳というのを具体的に知ったのは父の他界後でして、ようは故人の戒名 or 法名・俗名・命日・享年を記したものです。
両親の法要で世話になった浄土真宗では本来位牌はなく、故人と向き合う手段としてこの過去帳を用いるそうです(法名軸というのもありますが)。先日行った入仏法要に併せて、この機会にと過去帳を作りました。
人数絞ったので大した量ではないですが、やっかいなことに筆で書くのが基本原則でして、とにかく己の字の汚さに呆れるばかり(苦笑)。でも何度も失敗を繰り返すうちに脳にも刻まれたし、昔ながらのアナログ作業で記憶記録の重みを改めて感じました。というかこれって本来普通のことだろw。猫なみネタにこじつけ、この過去帳という存在を興味深く思った次第。


→ 枝枝新報 本館・猫なみ劇場
























edashin117 at 23:36│Comments(0)TrackBack(0)猫なみ劇場 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字