2017年10月08日

[171002]天台宗 竹寺+温泉観光

先週10/2に埼玉県飯能方面へ。都内からはわりに近い山地域。画像は天台宗竹寺です。

DSC_0072

ここは日本で数少ない神仏習合の霊場とのこと。寺なのに神社のような鳥居(茅の輪をくぐり心身の浄化を願う)があります。



*  *  *


まずこの寺に着くまでをざっと。
行き方は2箇所あるらしいのですが、中途半端なネットリサーチ(汗笑)で僕が向かったのは「小殿」というバス停からのルート。

DSC_0002

ここから少し舗装道路に沿って歩くと脇に寺方面へ向かう入口がありまして。

IMG_9005


何か大変そう...。杖があったので借りました。脚腰弱い身なので、やはり大助かり(苦笑)。

DSC_0009


途中こんな感じも含め、やや面倒な山道を約1時間。
登ってる時はなかなかシンドかったですが、
今思うとこういうのも密教修行みたい?なイベント感あって良かったなと(苦笑)。

IMG_9011


やがて竹寺に到着。そう、上からだと寺の正門には着かず、いきなり奥の本殿なのでした。

IMG_9014


インド祇園精舎の守護神・牛頭天王本殿。12年に一度、丑年に開扉されるとのこと。

takedera


DSC_0048


山らしい良い景観。両側の木彫りも牛。守護神と関係あるのでしょうか。

DSC_0064


この後くだっていき境内を散策開始、する前に...
上の本殿から来たものだから、最初の鳥居が(苦笑)。境内を回り道してちゃんと正面からくぐりました。

DSC_0046


寺の本坊。食べませんでしたが、ここでは精進料理や蕎麦も有名らしい。

DSC_0119


牛頭明王の銅像。本殿の牛頭天王とは区別されているらしいです。

DSC_0087


帰宅後ネット検索で知ったのですが、この銅像の股間に穴があり、
手をいれると明王の一物を握ることができたらしい。
何かご利益と関係あるのでしょうか。まったく気づかずに残念でした。

そもそもこういう屈強そうなのは個人的に興味がなく、下のこちらの方が好みですw。

DSC_0091


ですが、境内にあったこちらの木彫りは良いと思いました。

DSC_0103


DSC_0107


DSC_0125


これはかなりのインパクト。

DSC_0093


不発弾でつくられた鐘が。

DSC_0113


平和の祈りを込めて僕も鳴らしてきました。合掌

DSC_0121


他にもいくつか見所はありましたが、画像厳選で紹介以上。
本来の正面ルートから逆に寺を出ました(苦笑)。

DSC_0092


DSC_0126


ここから40分ほど山の舗装道路を歩き。バス停へ。

DSC_0139


本来はここが竹寺へのスタートなのですが、バス時間の都合が合わず、僕は「小殿」から来たのでした。

IMG_9043


バス停のバックの画像。それにしてもここは山地域ならでは風情があって、都会人の僕としては新鮮。しかし、暴風雨の時などは大変でしょう...


*  *  *


予定では子ノ権現とセットで観光する予定でしたが、もろもろ時間の都合でまたの機会に。
毎度思いますが、こういう観光地は車やバイク向きですわね。
飯能駅からバスが出ているご当地定番の温泉施設へ。地味に行楽を楽しんだ一日でした。

IMG_9044



→ 天台宗・竹寺 公式サイト
→ 埼玉県飯能市 天然温泉施設「宮沢湖温泉 喜楽里別邸」













edashin117 at 15:02│Comments(0)行事/旅/イベント関連 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字