カルチャー関連

2012年09月23日

[120922]D600をいつ買うか?

ニコンの新製品D600の実機体験展示会へ。持参のSDカードでモデル撮影もできました。
アップしてる画像は後から自分のD90で撮影したものですが。
画像比較や解説などはもっと詳しい方にお任せしましょうw。

DSC_0030

DSC_0016

DSC_0035

DSC_0037

DSC_0054

場内はかなりの盛況。無料のワークショップも開催してたので覗いてみました。
皆さんモデルさんをビシビシ激写。いや〜僕もその場にかなり馴染んでたかもw。
奥ゆかしく撮ってましたよ。たまにはいいかもw。

DSC_0057


DSC_0073

DSC_0110


やっぱりフルサイズ機、欲しいですね。
あと、レンジが広くなって露出アンダーの画像補正もけっこういけるとか。
友人のライブ演奏や自宅の黒猫を撮影することが多い身としてはありがたいです。
こういう点も含め、D90からのステップアップには絶好の機種ではと。
その気で検討中ですが、さていつにしますやら...。
価格的には許容範囲、と心に言い聞かせております(汗)。

→ D600実体験展示会「Nikon Digital Live」
→ デジカメWatch「ニコン、FXフォーマット最小最軽量のD600」

edashin117 at 16:32|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年04月14日

[110414]きこえるかしら(更新版)

405147_c450作家・詩人の岸田衿子さんが今月7日に亡くなったらしい。享年82歳。
個人的にはアニメ主題歌の作詞でしか知りませんが、僕は『赤毛のアン』が今でも印象に残っています。特にエンディング「さめない夢」の詞が大好きで、数年前に紹介してました
著作権的にはNGでしょうが、再掲・汗)


はしっても はしっても おわらない 花の波
みずうみは遠く もえる雲はもっと遠く
花の中で 一日は終わる
さめない夢みたいに さめない夢みたいに

ねむっても ねむっても きこえる 水の音
夕暮れはやさしく 鐘の音はもっとやさしく
アボンリーで 一日は終る
さめない夢みたいに さめない夢みたいに

(赤毛のアン/さめない夢)


ちなみに日記の題はオープニング曲のタイトル。
故人のご冥福を深くお祈りいたします。

◆本館・枝枝新報(リニューアル予定)◆


edashin117 at 02:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月13日

[101213]USTREAMで行こう

IMG_6010_o_こんなの出てたのか。
先日、ネットの友人知人で飲んだときに現物を見た。
ようするに手軽に個人でUSTREAMができるデジカメです。
今後この手のはどんどん性能があがって、エンターテイメントのあり方も変貌していくのでしょう。
宇多田ヒカルのUSTライブが話題になりましたが、まだ解像度は低いものの、音楽やってる人ならちょっとしたライブ配信もできてそうな。
今のとこ僕個人何をやるかってないですけど、真っ先に思ったのが、モリの居場所に置いて会社で見たいという、また猫バカなこと考えたり。しょうもない。

→製品紹介
▲本館・枝枝新報▲

edashin117 at 02:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月18日

[101016]江戸東京たてもの園

ここは以前から行きたいと思っていたところでした。とても楽しかったですね。
画像はけっこう撮ったのですが、とりあえず紹介程度の枚数で。
DSC_0169


DSC_0210


DSC_0063


DSC_0067


DSC_0098


DSC_0115

どれも良かったですが、特に気に入ったのが高橋是清邸と江戸時代の農家。あと、どの建物も木のにおいがたまりませんで、柱とかくんくんかぎまくり(笑)。本物ならもっとホコリっぽいでしょうね。
行った時間が遅かったので全部観きれませんでした。そのうちまた行こうと思ってます。

江戸東京たてもの園・公式サイト
▲本館・枝枝新報▲

edashin117 at 00:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月17日

[100417]白川静生誕100周年

_DSC0052

KANJI1ここでも何度か話題しておりました白川漢字学。今年は1910年4月7日生まれである氏の生誕100周年にあたるので関連書籍がいくつか刊行されており、僕も先日、右画像の本を買って読みました。

大学紛争の激化した70年代。立命館大学の白川研究室だけは毎夜遅くまで灯りが消えず、学内で勉学もクソもなかった当時の学生達の間では「何をしてるのだろう」と語り草になっていたという。右も左も関係なく全身全霊に自分の研究を続けていた氏の有名なエピソードです。
自らの筆で甲骨文字を書くことによって古代の謎に迫り、数多くの起源学説を発表(学会からは猛反発を受けたらしい)。70過ぎて独力で大辞典を3冊も刊行できるなんて尋常じゃないです。惜しくも06年に死去しましたが、ここ数年評価を劇的に高めています。
上の画像はアウトサイダーアートではありません。こういうアナログ的に成果を積んでいく研究者ってもう今後は登場しにくいでしょうね。
「あんた、よくスゴいスゴいっていってるけど何がよ?」って方には、まずこの「サイの発見」を知ってほしいかも。そこから古代文字の呪術的イマジネーションの世界が広がります。
ちなみに僕が感銘を受けた字のひとつは「闇」。ご興味があれば、『常用字解』あたりでぜひ。
(画像;別冊太陽『白川静の世界』に掲載の漢字ノート)

→おすすめの入門書/『白川静 漢字の世界観』 (平凡社新書)
→今や貴重。動く白川静氏の映像/DVD『白川静と漢字−東洋の精神−』(紀伊国屋書店)

▲本館・枝枝新報▲

edashin117 at 21:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月16日

[100115]せきトリくんグッズ

_DSC0021N昨年ここで話題にした公式キャラのその後。
11日の両国国技館で文具セット入り手さげを購入。
中身の文具セットの画像は省略、てな感じのブツです(苦笑)。買ったけどどうする?
ちなみに卓上カレンダーは会社で使ってます。
マペットあるか期待したけど残念ながらまだなし。しかしまあ、この画像みる限り、味的に立体化が難しいキャラであることを痛感します。
[追記1005]
→2010年五月場所になると…

→「ハッキヨイ!せきトリくん」ニュース
▲本館・枝枝新報▲

edashin117 at 00:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年09月02日

[090902]期待の公式キャラ

edb51570.jpg昨日お披露目になった日本大相撲協会の公式キャラ「せきトリくん」がいい感じです。サイトを早く更新してほしい。
今度の九月場所の両国観戦の楽しみが増えましたね。どんなグッズがとか。
『ハッキヨイ! せきトリくん』公式サイト


追記20100120)→ 2010年初場所の両国国技館でグッズ購入

▲本館・枝枝新報▲

edashin117 at 01:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年02月11日

[080208]TigerMountain(虎山)

77ff2e1e.jpg枝新で何度か話題にしてたTigerMountainとは、会員制のパソコン通信でサブカルに傾倒する人たちが多くいました。ネット知りたての僕はここでいろいろと貴重な体験をします。10年以上前の話。
同時アクティブだった連中で、僕みたいな一般勤め人はほとんど見かけなかったような。今回の飲み会でもスーツ姿は僕一人だけという。

当時個性を発揮していた人たち6名(同伴者1名)と赤坂見附で飲みました。
長いこと行方知れずだったG氏がmixiに現れたのが集結のきっかけ。でも彼は枝新をときおり読んでくれてたようでまことに感謝でございます。
残念ながら欠員者も何人かいましたが、ここ10年揃わなかった顔ぶれで懐かしかったですね。
これを機にまた、とのムードが高まっております。次回は花見?
→TigerMountainについて
▲BLOG枝新▲

edashin117 at 12:44|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年07月28日

[070722]ベリーダンス

5d438bd4.JPG上野でアラブ音楽とベリーダンス・イベント。
うえの夏祭り『TEHBES(テーベ)』@上野不忍池畔水上音
テーベとは古代エジプトの神殿や王家の谷で知られるルクソールという土地のことです。
フジロックも間近にせまったこの日。自分にとっての今年の野外フェスってもしかしてこれなんでしょう。
いやいや思いのほか楽しめました。お祭り気分ですかね。カミサンのお目あては、レッスンを受けてる民族楽器の師匠さん+友人の演奏。僕のお目当てといえば、クレオパトラやネフェルタリを彷彿とさせる妖艶美女の舞、だけでもなくアラブ音楽はエジプト観光以来、親近感があってか、意外と耳になじんでおります。堪能いたしました。
http://www.alcamarani.com/info.htm
▲BLOG枝新▲

edashin117 at 01:49|PermalinkTrackBack(0)

2007年06月30日

[070624]クリティックス

9f11cd6d.JPG80年代後半、フジテレビで深夜にやっていた対談番組です。 VHS録画をようやくハードディスクに移し終えました(全回録ってたわけではない)。司会の景山民夫は当時40歳過ぎ。今の自分と近い年齢だ…。
バブル全盛の時期なんですがあの時期特有の浮かれた感じはなく、メンツはむしろそういうのを斜に構えた人ばかり。各氏の個性が出ているなかなか面白い対談が多いです。時の流れ/懐かしさも含めそれだけでない興味深さがありますね。形式は普通の対話と、画像のように好きな書籍を紹介し合うのと2種。鬼籍同士になってるのもあり感慨深いです。キープしたラインナップは以下。

伊丹十三/一瀬隆重/ケラ/サエキケンゾウ/渋谷陽一/高橋源一郎/竹中尚人/立川談志/中島らも(画像)/橋本治/藤幡正樹/淀川長治
▲BLOG枝新▲


edashin117 at 16:48|PermalinkTrackBack(0)

2006年11月08日

[061106]Golden Eggs

e56d0d81.jpgふだんテレビをほとんど観ない我が家二人が、偶然にハマった番組。
出会いは今年春のとある夜。カミサンと飲みながらCATVのキッズステーションをつけていたらたまたまオンエアしており、あまりの馬鹿馬鹿しさに大ウケ、程なくして既発のDVDをネット買い。現在にいたります。
とにかく、下記リンクをご覧くださいませ。事前知識はそれからでも。まあ独特のクドさがありまして、当たりハズレもあるかと思いますが。そんな落差も破壊的な魅力としてリスペクト。
http://www.youtube.com/watch?v=t3TmWWY8myU
http://www.youtube.com/watch?v=R5iOqE5PRz8
http://www.youtube.com/watch?v=4417w-3MJA8
公式サイト
紹介+DVDインフォ

▲BLOG枝新▲

edashin117 at 01:57|PermalinkTrackBack(0)