和蝋燭

2018年11月17日

[画像日記77]築地本願寺

ひさびさの画像日記は先月に続き2度目の築地本願寺。
ある参加イベントが近場でありまして、その開場前に時間をつくって寄りました。前回撮った分も含めて紹介。

DSC_0013


来てみると報恩講の初日。報恩講とは親鸞の命日に合わせた浄土真宗の一大法要行事です。

2018-11-17 17 55 56


浄土真宗は宗派がいくつもあり、両親絡みで僕がお世話になっているのは「東」の真宗大谷派。築地は「西」の本願寺派。報恩講は宗派・地区によって期間が異なり、11月から年明けにかけてまちまちのようです。

DSC_0009


DSC_0011

浄土真宗の開祖・親鸞聖人の像。顔が怖い。

DSC_0023

挨拶講演中。あいにく本堂を間近で見れず残念。

DSC_0021

かのパイプオルガンも遠目にしか見れず。

DSC_0034


院内のいたるところに動物の像。他にもあるのでしょう。
設計を担当した伊東忠太氏は妖怪好きでも有名。興味深い方なのでご存知ない方はぜひ検索を。

DSC_0035


DSC_0037


DSC_0040


DSC_0307


DSC_0311


DSC_0029


2018-11-17 17 55 35


最後に下の画像は前回公認ショップで買った朱蝋燭。
こりゃもう我が家でキープするしかない。昨日11/17母親命日にウチの仏壇で使いました。

SHUROUSOKU

ファイル 2018-11-18 14 03 40


最後にこのロウソクの発売元を紹介リンク。
築地本願寺の方は有名ですから皆さまでお好きに検索を(苦笑)。

→ 米ぬかろうそく まめ(オンラインショップ)

→ グッドデザイン賞を受賞した「和ろうそく」って? 滋賀・大與(だいよ)の次世代へつながる関係づくりの話


edashin117 at 18:35|PermalinkComments(0)