実家

2014年11月06日

[141103]実家をたたむ

父親の3回目の月命日にあたる11/3、予定どおり実家退去を終えました。

DSC_0154n

ここで両親が暮らした期間は29年。最後の10年は辛かったかもしれません。
母親がうつ病を発症したのが2004年10〜11月で、当時僕もこれからどうなるのか随分悩みましたが、ほぼ10年を経て実家関係はこうした形で終結しました(とはいえ、残務的に色々まだ残ってはいるんですけど)。

「きっとそうよ、お母さまがお父さまを」。父親が死んでから、そんなようなことを何名の方から言われましたね。大体、母親については父親の無理解さが大きな要因ともいえまして、そのうち自分が認知症になり、お浄土にいる母親が、我々の先を憂いて強制終了の念でも送った?と思えなくもない(苦笑)。いま振り返るとこの10年間、我々は一本のレールに乗っていたのかもしれません。実の父にひどい言いようじゃねーかと? 昨年から家族の現在過去未来については色々考えさせられました。もちろん、息子として父親を偲ぶ気持ちに偽りはありません。11月16日には母親の一周忌法要が控えています。

※画像は前日に処分した父の机(昭和37年購入と確認)。僕が生まれる前からあった。幼少時、この机の下にこもってるのが好きだったらしい。

edashin117 at 23:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)