断髪式

2020年01月12日

[200112]第115話 くれぐれも忘れぬよう無くさぬよう

画像は元安美錦断髪式の入場チケットです。開催は9カ月後の10月4日。
昨年末に無事チケットが届いときは気分があがりましたが、何しろまだ先のことなので、
チケットどこにやったか忘れないように保管せねばと、そういう話ですねw。

danpatsushiki-ticket


nenga-aminyaこれだけなら更新ネタにしなかったんですけど、なんと安美錦の事務局から元旦に年賀状が届きまして。
粋なことやってくれるなと喜びつつも、くれぐれもチケット無くさないようにと元日に改めて思った次第です。
こゆるい新年の誓いネタ&猫なみネタということで。

「まだ先」で何気に心配なのは、髪が薄くなりかけている親方の髷が、どこまで保つのかどうか...(汗)。年賀状の画像の髷には思わず苦笑。同じこと考えたファンは多いでしょう。
実を言いますと僕もおデコが広くなってきており、いよいよ抜け毛が気になる年頃になってまります。
10月は親方と自分がどうなってるのやらです。




→ 安美錦断髪式 公式サイト
→ 「安美錦引退 古傷の膝ボロボロ…年寄「安治川」襲名」(2019年7月17日)

→ 枝枝新報 本館・猫なみ劇場 第115話
  (猫なみ劇場 表玄関は[こちら]です)







edashin117 at 22:30|PermalinkComments(0)

2012年06月02日

[120527]魁皇引退浅香山襲名披露大相撲

この日、元魁皇の断髪式@両国国技館。非常に感動的でした。

DSC_0136


DSC_0154

情報入手が遅れたため、とれた席は2階椅子席Bでしたが、それなりに堪能できました。
最初の画像2枚は、少しの間だけ枡席エリアに乗り込んで撮ったもの。

DSC_0182
▲こちらが本来の2階席で撮った画像。


DSC_0035

DSC_0157


DSC_0173

断髪式は4年前の栃東以来の2回目でして、今回もはさみを入れる参列者は多く340人(!!w)。それをひたすら席で見続けるのです。さすがに寝ちゃう客も多いのですがw、たまに著名人が現れて場が盛り上がってました。徳光和夫、はなわ、麻生元総理、やくみつる等ですか。

後半は、肉親の方々や、貴乃花親方、曙、現役力士(白鵬、琴奨菊)が並びはじめ、こちらもじわじわと胸が熱くなってきました。最後に大銀杏を切ったのはもちろん師匠の友綱親方(涙)。

DSC_0207n

総合司会は相撲中継でおなじみNHK刈屋アナウンサーだったのですが、ほどよいユーモアを交えながら、素晴らしい進行ぶりでした。

クライマックスは照明が落とされ元魁皇にスポットがあたったこの時▲で、千代の富士を超える前人未到の大記録1046勝目をあげたときの取組実況を再現。場内は手拍子と「魁皇コール」でじょじょに高まっていき、最高潮に達した時の瞬間は実に感動的で、思い出しただけでまた泣けてきます(苦笑)。
日本人力士不振が続く中で、怪我や重圧に苦しんだ名大関。耐え忍びつつ偉業を達成するまでの生き様はまさしく日本的であり、そんな彼にふさわしい見事な演出でした。




*  *  * 

ちなみには開演時間は11時、終了は16時過ぎ。
その後の5時からはちゃんこ巴潟でちゃんこ鍋を。

DSC_0306

IMG_0549
▲この季節でも全然OKですね。すりゴマがポイント高し。毎度旨くていい店です。



→ NHK NEWSweb「大相撲 元大関魁皇が断髪式」

edashin117 at 03:16|PermalinkComments(0)